2014年12月31日水曜日

帰省ツアー2014!

みなさんこんにちは!二年の梁川です。
もう年の瀬ですね。一年前の今頃は、なんて考えると一年が過ぎるのは早いなとつくづく思わされます。
2015年も充実した年にしたいものです。

さてさて、年末と言えば今年も帰省ツアーが盛大に行われました!


去年の帰省ツアーから一年経ったと思うと早いですね。
今年は西日本に実家がある人だけではなく、純粋に旅行として参加してくれた人もいました!
青春18切符を使い電車でゆっくりゆっくり九州を目指します。
おおまかなルートは、東京→愛知→京都→大阪→兵庫→広島→福岡です。
こう見ると実に多くの場所を楽しみながら帰省したなと思いますね!

12月26日の朝7時半に東寮の一階に集合し、全員で出発します。
熱海で一度休憩をとり、約7時間ほどかけて名古屋に向かいます。


帰省ツアーといえば、ご当地グルメを食べて回ることが大きな楽しみなのですが、愛知ではあんかけスパゲッティ、風来坊で手羽先や土手煮、味噌串カツを食し名古屋を堪能します。
夜は植松くんと一平さんのご自宅に泊めていただきました。
年末のお忙しい中ではあったと思いますが、本当にお世話になりました。

12月27日、朝名古屋を出発し、約三時間かけて京都へ向かいます。
京都では清水寺に訪れ清水の舞台や音羽の滝を見て回り、帰りには清水寺の近くのお店で八つ橋シューや湯葉、お団子を食べて帰りました。


その後に銀閣寺に行きましたが、閉まっていて見ることはできませんでした。
京都を見て回り、夜は大阪へ向かいました。
大阪では串焼きを食べ、駅の近くのスパに泊まります。



12月28日、大阪を出発し広島へ向かいます。
広島へ向かう途中、明石駅で途中下車し明石焼、また、近くの商店街でタコ天を食べ全員の胃袋を満たします。
その後長い時間電車に揺られ、やっと広島へ到着します。
広島ではお好み焼きや紅葉まんじゅう、牡蠣を堪能しました。もうこれで本州に思い残すことはありません!
23時半に夜行バスに乗り、12月29日の朝に福岡へ到着しました。

帰省ツアーは福岡へ到着して終わりではありません。
そうです、ラーメンを食べてこその帰省ツアーなのです!
朝全員で元祖長浜屋というラーメン屋さんへ行き、本場福岡のラーメンを食べ全員幸せに包まれます。


その後、一本締めをして帰省ツアーは終了を迎えました。

去年は一泊二日でしたが、今年は三泊四日という長旅となりました。
移動時間は長かったのですが、その分色々な風景を見たり色々な場所に訪れることができ、とっても充実した旅を送ることができました。
来年はどのような帰省ツアーになるのかもう楽しみですね。

次回の更新は年明けです。
2014年、このブログを読んで頂き本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは次回の更新もお楽しみに!


文責 梁川遼宥

2014年12月26日金曜日

予餞会 ~四年生の旅立ち~

メリークリスマス!
こんにちは、アルバイトがケーキ屋のため、このごろリア充よりもリアルが充実しております非リア充の松本です!

今回は予餞会についてお話しさせていただきます!
まず、予餞会とは和敬塾の四大行事の一つで簡単に言えば四年生を送る会です。丸一日かけて会は行われます。
午前中は式典が行われました。式典では、OB二年目であり、四年生の受け入れ代の方々の演説や和敬塾の良さとは何か、どう変化していくべきなのかというテーマのパネルディスカッションが行われました。



お昼になると食堂で立食パーティーが行われました。
そして、午後は待望の四年生劇が行われました。東寮の四年生劇の題名は〝東寮王決定戦〟で、誰が一番キャパ、面白さがあるかを競うというものでした。普段、後輩がやることを四年生がなさっている姿は異例の光景でした!



四年生劇の後は予餞会を締めくくる打ち上げが行われ、各班の一、二、三年生が四年生に向けて出し物を行いました!どの班も卒塾される四年生に捧げる渾身の出し物でした!



最後に、パネルディスカッションでも議論された和敬塾の良さとは何かという議題について、予餞会を通して感じたことを書かせていただきます。
僕は予餞会で、ここ二年間ずっと絡んできてお世話になった四年生の先輩に恩を返したい、先輩を喜ばせたいという思いで班の出し物を全力でやりきりました。純粋に他人のために何かをすることは難しいと思います。ですが、それをやろうと思う関係が作れることが和敬塾の本当に良いところなのではないのかと思います。

四年生が卒塾されても和敬塾東寮は続いていきます!では、次回の更新をお楽しみに!

文責 松本将

2014年12月21日日曜日

知的な騙し合い、人狼部始動!

みなさんこんにちは!!広報部一年の岩田、宮原です。

人狼とは、会話によってプレイヤーの中から人狼を探し出し、
多数決で人狼を討伐するゲームです。

各プレイヤーは役割カードによって、市民チームと人狼チームに分かれ、
互いを倒しあうために思考を重ねます。

簡単にルール説明をさせていただきます。


夜のステージで、各プレイヤーは夜のアクションを行います。
人狼は攻撃する市民をを決め、
市民は怪しいプレイヤーを選択し、
特殊能力者は能力を使えます。

朝のステージで、昨晩の被害者が報告され、
会話を行い人狼を調査します。

話し合いのステージで、人狼だと思う人に投票し、
多数決でプレイヤーが一人退治させられます。


投票によって、人狼を退治し尽くした時点で市民チームの勝利、
市民チームと人狼の数が同じになった時点で人狼チームの勝利となります。

他人を欺き、嘘を見抜く。まさに騙しあいによる心理戦なのです!
そして、東寮ではこの「人狼」が大流行しています!
今や、同好会まで発足しており、不定期ではありますが、毎回8人以上の人狼大好きプレイヤーたちが集まり、和気藹々とやっています!

今夜は「人狼」に魅せられた男たちによる実際の対戦をバッチリ撮ってきました!!!


この対戦では実際は本当の市民であるにもかかわらず、人狼と疑いを持って
しまった市民サイドの投票により、市民が何人も話し合いで退治されてしまいました。そうなると市民側の勝利は絶望的になり、見事人狼側が勝利したようです。

基本的に「人狼」では人狼側のプレイヤーは市民側のプレイヤーより人数が少なく不利に見えがちなのですが、このように市民を上手く欺くことができれば人狼側は勝つことができます!

どうですか?みなさんも「人狼」やりたくなったのでは?人狼を知り尽くしているという方もまったく知らなかったという方も東寮人狼同好会は心よりお待ちしております!!

文責 岩田学矩、宮原穂高



2014年12月15日月曜日

東寮一大イベントWacky!!


みなさん、こんにちは!広報部二年の大谷です。
さあ、皆さん今年もあのイベントの季節がやってきました・・・・・・・・
皆さんご存知ですよね??
クリスマス?? いやいやなんですかそれ?? この季節のイベントといえば・・・・・・そう!!!Wackyです!!




Wackyとは東寮主催で毎年行っているクラブイベントです!
しかもそのWacky(ワッキー)、今年は記念すべき15周年!!
DJ,スタッフ陣共に気合が入っていました今年は毎年行っているビンゴ大会に加え、ディズニーのペアチケット抽選会、サイリウム配布など新しい試みがたくさん行われ、観客を楽しませていました!


今年の東寮のDJラインナップは期待の新人、蓮沼・堀部、二年目金子・山田、エース山村さん、そしてこれが最後のDJとなる相浦さん・神近さん。盤石の布陣です!!


皆さんそれぞれの個性が出たDJをしていて,とても楽しめました!!
また、この日誕生日だった山田君のDJ中には班員からサプライズでケーキがプレゼントされ、ほっこりさせられる場面もありました。


今年のWackyは15周年にふさわしく、DJ,スタッフ、観客の全員が楽しめる素晴らしいイベントになりました!!!来年のWackyがもう楽しみです! 

文責 大谷和史


2014年12月10日水曜日

東寮班紹介 Vol4

みなさんこんにちは、広報部1年の宮崎です。

いやー、最近寒いですね!自転車通学の僕にとっては毎日が苦痛です。寒いということは、クリスマスが近づいている証拠なんですかね!まあ、僕には関係ないことなんですけれども(笑)

そんなことより、今回も引き続いて班紹介を行います。今回は僕が所属する8班の紹介を行いたいと思います!


8班といえばやはり、”家族的な班”ですね!
毎回学校やバイトから帰ってくると誰かが廊下にいるんですよね(笑)
”行ってきます”や”おかえり”などの挨拶は毎回欠かさないですね!
留学生との交流も盛んで、普段の絡みでもお互いの言語を教えあったりなど、いろいろなことを話しています。
後期の8班の目標は「同苦同楽」~一緒に過ごす時間を増やす~です!
これはバイトやサークルが忙しくても、少しでも絡みの時間を作り本当の家族のようにになろうという意味でこの目標を立てました!

今年の8班の特徴は”パワフル”なところです!
全員運動が大好きです!9月に行われた体育祭でも8班が活躍する場面がよくありました。
とにかく全員がじっとしていることがあまり好きではないです。
悪く言えば落ち着きがないのかもしれません(笑)ちゃんと勉強もしてますよ!
文化的な要素もあるので運動が苦手な人でも全然Welcomeです!
4階に来るだけで、多彩な音楽が聞こえてくるかもしれません!


そして、何といってもOBの方々との繋がりが特に強いということです!
お別れ会の時なども、9個や10個上のOBの方々も来られるそうです!
僕もまだお会いしていない8班のOBの方々に早くお会いしたいです!

2月には7班と合同でスキー旅行が企画されているので、後期の残りもたくさん思い出を作ることが出来そうです!!!!
      
By 8ightmans2014

文責 宮崎太地


2014年12月8日月曜日

東寮班紹介 Vol 3

みなさんこんにちは!津野です!
僕は年末に向けて部屋の整理で忙しい毎日を過ごしています。しかしこれがなかなか終わらないんですねー。もはやルンバほしい、、、
しかし1年というのは早いものでもう12月。もうすぐクリスマス。今の僕はイソイデマス。なんちゃって、、、、笑

まぁそんなことは置いといて(笑)、今回のブログ内容は、、、、、、、、班紹介でーーーーーーす!!!
今日の紹介は僕の所属する5班です!


5班の特徴といえばやはり班員の、班員による、班員のための班、、、って感じですかね。
ちょっとわかりづらかったですかね、、、笑

とにかく五班というのは1人1人の結びつきがとても強い班です!!
お互いのことは何でも知ってます。知りすぎてて一緒に寝てんじゃないの!?ってレベルです。留学生も多く、みんな日本語が堪能で「あぁ、そーいえば留学生だったなー。」って感じでもはや日本人と変わりません。

そして僕たちの班は何よりも東寮の中で目立つ班になろうというのを目標に全体の場でのコール、発言などに相当力を入れています。この能力はきっと社会に出ても役に立つでしょう。

五班の後期目標は「おいしいおでんを作ろう!」です。これはどういう意味かというと、おでんで好きな具って人によって違いますよね?
つまりおでんって1つ1つが主役になれるんです。もう頭の良い皆様ならお分かりかと思います。
そう!五班の班員が1人1人主役になれるように輝こう!という意味が込められているのです!!
我ながらよく考えられた班目標だなーと思いますね。はい。

、、、とまぁこんな感じですが、なにより自分が五班に帰ってきて一番うれしいと感じるのはいつでも暖かく迎え入れてくれる班員の「やさしさ」ですかね。そんな関係を今後も続けられたらいいなと思います。


それでは今後ともこの東寮ブログよろしくお願いします!!

文責 津野政太

2014年11月28日金曜日

全寮ライブ!!

皆さん、こんにちは!はじめまして!
今期より広報部になりました加藤です。
11月も下旬となり気温もだいぶ下がってきて、秋も終わりが近づいてきていますね。毎年この時期には各大学の学園祭シーズンということで大学生の盛り上がりが最高潮に達する時期であると言っても過言ではないくらいだと思います。さて、皆さんは学園祭といえば何を想像しますか?ライブ、live、らいぶ……

そうです!ライブです!
今年もやりました!全寮ライブ!!!!


今年は例年とは違い、本館の大講堂で行われました!


今年は初めて楽器を演奏する人も多く、1年生の丸山君、宮原君、2年生の野澤君、新たな挑戦となりました。ライブに向けて一生懸命努力した結果、3人とも
最高のパフォーマンスができてたのではないかと思います!!


そして、な、な、な、なんと!!スペシャルゲストとして東寮のOBの先輩である森東さんに参加して頂きました!


忙しい中で時間を作って頂き本当にありがとうございました。 あの素晴らしい演奏は僕たち後輩の目と耳に焼き付いています…

今年も全寮ライブは大いに盛り上がりをみせたと思います!
今年の行事もあと数少ないですが、このまま突っ走っていきましょう!

次回の更新をお楽しみに!





文責 加藤雄大







2014年11月22日土曜日

東寮班紹介 vol 2


みなさんこんにちは、1年の宮原です!!

皆さんクリスマスが近づいてきておりますが、
どのようにお過ごしになりますでしょうか?
僕はですね、、、、、、、

予定ないなのでバイトでーす!!三└(┐卍^o^)卍ドゥルルル

さて、11月11日の梁川さんの投稿に引き続き班を紹介したいと思います。

今回は僕の所属する6班です!!!!



こちらの写真を見ていただいて何が伝わるでしょうか??

それは、、、、、
一体感、一体感、いったいかーーーーんなのですっ!!!!

そして、6班の特徴は、、、、、、、、

絡み、絡み、絡みなのでーーーーーすっ!!!!!

                      

6班は班での絡みというものをとても重要視しており、
それぞれの予定を合わせて
みんなでお出かけしたり、
班企画を行って和敬LIFEをENJOYしています!!


僕は、今までディズニーランド・シーのどちらにも行ったことがなかったのですが、
先日、6班プチ旅行でディズニーシーに行き、
夢の国を堪能してきました!!


2月には、スキー・スノボー旅行もあるので、
たくさんの思い出を作りたいです!!
(スノボーしたことないので、少しビビってます、、、笑)


6班の班テーマは「LIBE6PPAN」です!
このテーマは、バレーボールのリベロと6班をかけており、
トークやボケをリベロのように拾いまくるという絡みの促進を
目標に掲げたテーマとなっています!!


このテーマに負けないような絡みを6班廊下で繰り広げて、
一生涯付き合える人間関係を築いていきたいです!!


次回は全寮ライブです!!お楽しみに!!

文責 宮原穂高

2014年11月15日土曜日

東寮のグルメ!!!

こんにちは。1年生の宮崎です。


前回から和敬塾東寮を紹介しています!
今回は何が来るのでしょうか?

皆さんは、1日何をして生活していますか?
僕が高校生だったころは、勉強して、部活して、帰って、寝て、何よりたくさん食べ物を食べていました。食べることは、勉強することにも、部活をすることにも重要です!
なので今回は東寮生の行動の源となっている食について紹介したいとおもっています!

まずは朝食です。
朝食はほとんどの寮生が食堂を利用しています。
朝食には、ご飯の日とパンの日があり、それぞれの日のテンションが違うのはここだけの秘密です!

次は昼食です。
昼食はお金を払えば、食堂で食べることが出来ます。
しかし、東寮生はほとんどそれをしません。
なぜなら、近くに某お弁当チェーン店にも劣らないお弁当屋さんがあるからです!
一つ目はかかしです。
弁当や丼、惣菜を取り扱っているお店です。
僕がお勧めするのはM3T(メンチカツ明太マヨ弁当特盛)です!
明太マヨを追加するとお弁当がすごくなります。
例えばかきとじ丼。このトッピングをすることによって、ただでさえおいしいかきとじ丼の魅力を大きくひきたてます!



二つ目は、わせだの弁当屋さんです。
300円前後という値段でとてもボリューミーなお弁当を提供してくれます。
お勧めは、茄子とから揚げがのった茄子から弁当です!

三つめはお肉屋さんのお弁当です。
意外とは思いますが、お肉屋さんがお弁当を出しています!
お肉屋さんなので、肉系の弁当がおいしいです。
それと、東寮とコラボした東寮弁当というとてもボリューミーな弁当もあります。

他にもありますが、これが主な御三家です!

次は夕食です
夕食にはお肉の日と魚の日があります。
このときも日によってテンションが変わります。

夕食が最後と思った人もいると思いますが、和敬塾には夜食という文化が存在します。
ということで、最後に夜食についてを紹介したいと思います!
夜食は毎日するわけではありません。
たまに後輩が先輩を誘って夜食に連れて行ってもらいます!
ここにもまた主な御三家が存在します。
一つ目は東京麺珍亭です。
油そばのお店です。僕が東京に来て初めて連れて行ってもらった油そばのお店です。
麺の量が5段階存在し、一番上の鬼盛りは東京に来てびっくりしたことの一つでした。
鬼盛りとは、麺が四玉入っている油そばで、軽はずみな気持ちでたのむと後悔をすることになります。きちんとした心構えで挑んでみてください!

二つ目は懐旨新味かつの花です。
この辺りでは珍しい個人経営のお店で、主に油そばや、つけ麺を出しています。
特徴は何といってもカツがのっていることです!
三つ目はうだつ食堂です。
徳島中華そばのお店です。甘辛く味付けされた豚肉とコクのある濃い目のスープがお勧めです。
あと、ご飯がおかわり無料なことも忘れてはいけません!

他にもあるのですが、きりがないのでこれぐらいにさせてもらいます!

興味があれば是非和敬に来た時に寄ってみてください!

文責 宮崎太地





2014年11月11日火曜日

東寮班紹介!vol.1

みなさんこんにちは。2年生の梁川です。
最近テレビを見なさすぎていろいろと遅れていることに危機感を覚えています。
この間女の子にディズニーに行ったことが無いといったらガチでびっくりされました。

さて、今回は東寮のなかでとーっても大切な存在である、「班」を紹介したいと思います。

          騎馬戦後OBの先輩方と撮影した班の集合写真

東寮には1班から8班まで班があります。
そもそも「班」とは、『特別な想いを伝え、受け止める場』と定義されています。
東寮は全員が全員とよく絡み、一生涯の関係を作ることができる場ですが、班ではさらに深いつながりを作ることができます。
朝食や夕食に班で行ったり、東寮の大きな特徴である廊下で班員同士で日常的に絡み、ある時は自分の考えや悩みをぶつけ合ったりします。
言ってしまえば班は一つの家族のようなものですね。
自分自身が重なっていなくても同班であれば現在大学を卒業されているOBの方とも接する機会が多いのも一つの特徴です。

                          一班の廊下には歴代の先輩方の写真を貼っています 

僕は一階の一班で生活しています。
各班様々なカラーがあり、本当にどの班も魅力的な部分を持っています。

一班の班テーマは『想いやりParty People』です。


班テーマはとは班の方向性やカラーを定めたものです。
一班は僕が入寮した時から元気に溢れ、班員を想いやる気持ちがとても強い班です。
『想いやりParty People』とは全員が全員を想いやり、全員で楽しむ班という意味が込められています。
僕は一年生のとき部活と学業で忙しく、なかなか班に関わる機会も少なかったのですが、それでも暖かく接して下さり、班としての愛情を直に感じてきました。
来年は三年生となるので、一班に入ってくる一年生には自分が受けたように、想いやりを持って接していきたいです。


12月の中旬に予餞会があり、冬休みが過ぎると四年生の方が引っ越しされるまであっという間なので、今のうちに思いっきり絡みたいです。

もしこの記事を読んでいて和敬塾に興味のある高校生の方は是非一度東寮に体験入寮に来てもらい、「班」を直に感じてほしいですね!
次回は東寮のグルメ事情についてです。
お楽しみに!

文責 梁川遼宥






2014年11月7日金曜日

HAPPY HALLOWEEN !!

こんにちは。広報部1年の岩田です。

突然ですが、みなさん秋といえば何の季節ですか?
食欲の秋?読書の秋?スポーツの秋?いいえ、違います!
ハロウィンの季節です!
ということで今回は先日、密かに開催されていました1班ハロウィンの記事を書かせていただきます!


最初にハロウィンと言えば仮装してお菓子を配りまわる行事を想像されるかもしれませんが、1班のハロウィンは一味も二味も違います!その最大の違いが”お菓子を自ら手に入れる”ことです!
しかし、お菓子を手に入れるにはある試練を乗り越えなければいけません...

そこで話は少し変わりますが、みなさんは和敬塾に地下通路があるのはご存知ですよね?そこはあることないこと様々な噂や憶測が飛び交っているわけですが。実はあるんですよ、1班にも地下通路が!

そんなワケで今年も1班の総力をかけて数々の仕掛けを凝らした地下通路にたくさんのゲストをお招きして、お菓子を取りにいってもらいました。
ちなみに少しぼやけていますが中の様子はこちら↓↓↓

 
*中は真っ暗です。
ルールはとても簡単で片手に小さなライトをもちつつ、一人で通路最深部においてあるお菓子を持って帰ってもらうだけです。僕も仕掛け人のために事前に地下に入りましたが、正直体験してみないと分からないほどに恐ろしく怖いです...


工夫をこらした甲斐もあってたくさん人が怖がりながらも、楽しんでもらえたと思います!僕も驚かす側としてやらせていただいてとても楽しかったです!
来年もさらにパワーアップした1班ハロウィンをみなさんにお届けできたらと思います。

文責 岩田学矩





2014年10月31日金曜日

このご時世に!?わらしべ企画!!

みなさんこんにちは。2年の梁川です。
騎馬戦が終わり魂が抜けかけていた寮生も少なくなく、10月は無意識のうちに過ぎていこうとしていました。
僕は体重を増やそうと思っていっぱいご飯を食べいたらお腹を壊して逆リバウンドしてちょっと残念でした。

突然ですがみなさん、わらしべ長者はご存知ですか?
日本のおとぎ話の一つで、ある1人の貧乏人が一本のわらから物々交換していき最終的に大金持ちになるという話です。

そんなわらしべ長者のような物々交換をなんと、東寮生もしてみました!
題してわらしべ企画!


ルールは企画に参加した寮生を5つのチームに分け、秋葉原、銀座、原宿、渋谷、浅草で各チーム最初は本物の一本の「わら」から物々交換をしようというものです。
各チーム初めは大講堂で手持ちの看板を作ってそれぞれの場所へ向かいます。

僕たち1チームは浅草へと向かいました。
まず初めに人力車の方と交換することができました!
わらから巾着袋へ一気にレベルアップです!


それから色々な人に声をかけますがなかなか交換が成立しません。
ですが多くの人に声をかけ、何人かの人と交換することができ、1チームは最終的に「わら」から「目薬」になりました!
大金持ちまでとは行きませんでしたが、一本のわらから目薬にすることができ謎の達成感に包まれました笑



制限時間一時間が終わり各チーム大講堂へ戻ります。
それぞれの結果報告を終え、最後に寮事務の叶多さんにそれぞれの交換した物の優勝を決めて頂きます。


結果は、原宿に行った4チームの「とある女子高生のテスト用紙」でした!笑
叶多さん曰く、「他のチームの交換した物はお金で買えるが、女子高生のテスト用紙はお金では買えない!価値が違う。」とのことでした。



始まる前は本当に上手く行くのか心配でしたが、やってみると思ったよりいろいろな人が交換してくれました。
Twitterでも何人かの人が話題にしていて、結構目立っていたと思います!
こういう真新しい企画をこれからもどんどんやっていきたいですね!

それでは次回の更新をお楽しみに!

文責 梁川遼宥

2014年10月20日月曜日

ピザの前では人は、すべて平等


こんにちは。広報部の松本、大谷です。ですが、今回は広報部ではなく、ピザ部執行部として記事を書かせていただきます。

では、改めまして、こんにちは!東寮ピザ部部長の松本です!同じく副部長の大谷です!

まずは、ピザ部創設の歴史についてお話しましょう。


ピザ部創設はピザ神様のお告げから全てが始まりました……。

当時は圧倒的な強さを誇る食事の選択肢が存在せず、様々な勢力が行きかう群雄割拠の時代、争いが絶えませんでした。そんな状況を見かねたピザ神様はこう思いました。

「みなピザを食べれば争いがなくなるのに。。。」

そしてある夜、松本はピザ神様からお告げを受けました。
                   
 

という訳で現在のピザ部は誕生しました。初めは、現在のニ年生しかいなかった部員も今では、全学年だけでなく、留学生も巻き込み、東寮の一大勢力となっております。

次に、ピザ部のコンセプトをお話しましょう。まず、第一にピザの前では人は、すべて平等です。これは、上下関係や奢り文化の存在する和敬塾においても例外ではなく、僕たちピザ部は異端児、いやレジスタンスと言えるでしょう!このスタンスを崩すつもりはありません。

ピザ部の活動内容といたしましては、まず、日常活動としてピザを食べること、これは基本的に東寮内で行う場合と東寮外で行う場合に分けられます。東寮内で行う場合には、ご近所のドミノピザさんまたはピザハットさんのピザをテイクアウトし、廊下で食べます。東寮外で行う場合は、都内の有名なピッツェリアを訪れ、食べます。
 

さらに現在推し進めている計画としてピザ窯の製作、ピザ屋さんへのオリジナルピザ作成の依頼、都内ピッツェリアの全制覇がございます。
 

 
最終的な目標としましては、ピザの聖地“イタリアへのピザ修行を掲げております。
 
 
 
私たちはこれからもピザとともに歩み続けていきます。
 
 
文責 東寮ピザ部一同
 

2014年10月16日木曜日

騎馬戦インタビュー2014!

みなさんこんにちは!
楽しみにしていたももクロの国立ライブのDVDが届いてもうテンションMAXな梁川です。
最近は夕方肌寒くなり、長袖を着ているひとも多くなってきましたね。
体育祭ももうずいぶん前のように感じます。


おそらく今回の記事が体育祭についての最後の記事になる思います。
そんな体育祭最後の記事は毎年恒例、騎馬戦インタビューです!
体育祭期間中東寮をまとめ、強く引っ張って下さった四年生の方々の中で、
騎馬戦のキャプテン、つまり大将と攻撃大将を務められた宮本大輝さんと相浦圭史さんにお話を伺いました!



梁川「こんにちは!よろしくお願いします!」

宮本さん「おう」

相浦さん「よっしゃー!」

おもむろに日本の歴史2009を手にとり読む相浦さん。

梁川「相浦さん!違います違います!それ日本の歴史です!しかも2009年です!」

相浦さん「あ、そっかそっか笑」

梁川「では始めます!笑」

梁川「それではまず初めの質問なのですが、今年騎馬戦を進めていくにあたって念頭においていたことはありますか?」

宮本さん「うーん、そもそも今年は例年と違うんだよね。相浦が委員長だけど上に乗る訳じゃないってこととか」

相浦さん「宮本は騎手を引っ張って、おれが下騎馬や騎馬戦に前向きになれない人を一番先頭に立って引っ張るって感じかな」

宮本さん「そうやな、俺が先頭に立って走って、相浦が一番後ろについてみんなのフォローしてくれるってイメージはあったな」

相浦さん「そうだね、これは始める前から決めてたね」

梁川「騎馬戦についてはいつ頃から話されていたんですか?」

相浦さん「就活終わってからかな!やっぱり」

宮本さん「そうやな」

梁川「筋トレはいつ頃からされてましたか?」

宮本さん「おれは4月25日、それから奥薗と本祭まで一日も欠かさずしてたよ」

梁川「でしたら、今から筋トレすると今年の宮本さんのフィジカルをこせるということですね!?」

宮本さん「いや、ほんまそうやで。ぜひやってくれ」

相浦さん「俺は結構体幹とかベンチプレスとかをメインにしてたかな。結構1人ですることが多かった」

梁川「なるほど。。」





梁川「では今年の良かった点と悪かった点について教えて下さい。」

相浦さん「いい点はけがが少なかったことかな。あとは出れる人、日本人も留学生も全員が本気で頑張ってくれたことだと思う。」

宮本さん「俺は変な意味で騎馬戦に上下関係がなかったことかな。一言で言えばみんなで騎馬戦をやっていた。俺は相浦と全員でやっていくための雰囲気作りにこだわってたね。要するにみんなで一丸になって楽しんでやりきれたってことかな」

梁川「悪い点はありますか?」

宮本さん「そりゃ対西戦で失格になったことかな。タイムオーバーのことを考えきれてなかった。詰め切れてなかったね。」


梁川「では次の質問です。戦績について率直にどう思われますか?」


相浦さん「俺は優勝して、賞状ももらうことができてすごく嬉しかったけど、やっぱり一敗したことは悔しい。

目標にしてきた全勝優勝できなかったってことはすごく悔しいね。

勝つことで今まで自分たちがやってきたことが成果となって表れるのはすごい嬉しいけど、一敗したのはすごく悔しい。」

宮本さん「俺も優勝できたことはもちろん嬉しい。

やっぱりその全勝優勝って言うのを目標にしてたからそこに関しては悔しいし、悲しいし、目標届かへんこともあるんやなと、これをそのまま人生の糧にせないかんと思うわな。

騎馬戦をした意味はもちろんある。それはこれを今後の糧にできるから。

でも感情としては非常に悔しい。勝てたのになあって。」

相浦さん「そうだよな」





梁川「なるほど。では、後輩へ伝えたいことをぜひお願いします。」

相浦さん「これって騎馬戦についてじゃなくてもいいの?」

梁川「はい。色んなこと全て含めて後輩へ伝えたいことを是非お願いします!」



相浦さん「そうだな、俺は東寮の良さっていうのを作っていくのは先輩の役目だって今の後輩たちに伝えたい。

良さっていうのは騎馬戦や山ハイとかの行事とか他にも色々あるんだけど、先輩が頑張って後輩に東寮に住んでてよかったなあと思わせてほしいんだよね。

それが積み重なっていくと、『伝統』になるんだよ。

今いる後輩はみんな教わる立場から伝える立場になるんだ。

みんなに東寮にいてよかったなあと思えるように先輩は頑張れ!」




宮本さん「俺はなあ…うーん…そうだなあ…。

やっぱり俺はもう『ありがとう』ってことにつきるかなあ。

体育祭とかしんどいし、日程は過密やし、いろいろ部とかあってさらに東寮合宿では合宿費用もかかった。

それらはきついしめんどくさいと思う時もあったかもせえへんけど、結果としてみんな笑顔やった。

もう『ありがとう』しかでてこんのよね。

今年の騎馬戦が終わった後の集合写真、みんな笑顔なんよ、しかもすんごい笑っとる。

もう本当に『ありがとう』しか出てこん。

でもみんな一生懸命ついてきてくれたのに全勝優勝できんかったことにはほんと申し訳ない気持ちしか無い。

でもみんなきついときにもよく頑張ってついてきてくれた。」


相浦さん「あの合宿のときの行きのバスの話してよ笑」

宮本さん「あれ?笑いいよ別に笑」

相浦さん「いいじゃんしてよ!笑」

宮本さん「東寮合宿行った時に、行きは結構時間かかって、バスがようやっとついたんよね。でもそっからまた15分くらい歩かないかんくて、俺もみんな疲れとるから言いたくないなあって思っとったんよ。」

相浦さん「総会の後だったしね」

宮本さん「そうそう。でも言わんとしゃあないと思って、着いた時に『みなさん、なんと、これから、15分歩きます!』って言ったらみんな、『よっしゃー!!あるくぞー!』って言ったんよね笑」

相浦さん「もうこれいつ聞いても面白い!」

宮本さん「もうばかやん笑。歩くだけなのに。でもそんときに、ああこいつらでよかったなと。本当にいい奴らやなあって思ったんよね。」

相浦さん「ほんとにそうだよな」

宮本さん「まあちょっと話しずれたけど、まあ俺は今まで合宿でも何回も言ってたように、騎馬戦を今後の人生の糧にして欲しいんよね。

騎馬戦で何を感じたのか、何を考えたのか。

それをこれからの人生で活かしてほしい。

騎馬戦も人生の一部でしかないけど、それを今後に人生に活かしてくれたらおれは嬉しい。

要は騎馬戦で何を感じたのか、考えたのかっていうのをみんなに考えてほしいね。」

梁川「ありがとうございます。。すごくお二人の想いが伝わってきました。。インタビューを通していろいろなことが聞けて良かったです!」

梁川「質問は以上です。ご協力ありがとうございました!」

宮本さん、相浦さん「おう」



冒頭にも少し述べましたが、おそらく体育祭関連の記事はこれで最後です。
9月頭に体育祭が始まり、このインタビューの記事を書くまであっという間でした。
来年はもっともっと盛上がって今年よりもパワーアップした体育祭を楽しみたいです!

今回のスペシャルサンクス、撮影協力は奥薗くんでした!




次回のブログは東寮に新たに生まれた部、ピザ部についてです。
お楽しみに!


文責 梁川遼宥