2014年11月15日土曜日

東寮のグルメ!!!

こんにちは。1年生の宮崎です。


前回から和敬塾東寮を紹介しています!
今回は何が来るのでしょうか?

皆さんは、1日何をして生活していますか?
僕が高校生だったころは、勉強して、部活して、帰って、寝て、何よりたくさん食べ物を食べていました。食べることは、勉強することにも、部活をすることにも重要です!
なので今回は東寮生の行動の源となっている食について紹介したいとおもっています!

まずは朝食です。
朝食はほとんどの寮生が食堂を利用しています。
朝食には、ご飯の日とパンの日があり、それぞれの日のテンションが違うのはここだけの秘密です!

次は昼食です。
昼食はお金を払えば、食堂で食べることが出来ます。
しかし、東寮生はほとんどそれをしません。
なぜなら、近くに某お弁当チェーン店にも劣らないお弁当屋さんがあるからです!
一つ目はかかしです。
弁当や丼、惣菜を取り扱っているお店です。
僕がお勧めするのはM3T(メンチカツ明太マヨ弁当特盛)です!
明太マヨを追加するとお弁当がすごくなります。
例えばかきとじ丼。このトッピングをすることによって、ただでさえおいしいかきとじ丼の魅力を大きくひきたてます!



二つ目は、わせだの弁当屋さんです。
300円前後という値段でとてもボリューミーなお弁当を提供してくれます。
お勧めは、茄子とから揚げがのった茄子から弁当です!

三つめはお肉屋さんのお弁当です。
意外とは思いますが、お肉屋さんがお弁当を出しています!
お肉屋さんなので、肉系の弁当がおいしいです。
それと、東寮とコラボした東寮弁当というとてもボリューミーな弁当もあります。

他にもありますが、これが主な御三家です!

次は夕食です
夕食にはお肉の日と魚の日があります。
このときも日によってテンションが変わります。

夕食が最後と思った人もいると思いますが、和敬塾には夜食という文化が存在します。
ということで、最後に夜食についてを紹介したいと思います!
夜食は毎日するわけではありません。
たまに後輩が先輩を誘って夜食に連れて行ってもらいます!
ここにもまた主な御三家が存在します。
一つ目は東京麺珍亭です。
油そばのお店です。僕が東京に来て初めて連れて行ってもらった油そばのお店です。
麺の量が5段階存在し、一番上の鬼盛りは東京に来てびっくりしたことの一つでした。
鬼盛りとは、麺が四玉入っている油そばで、軽はずみな気持ちでたのむと後悔をすることになります。きちんとした心構えで挑んでみてください!

二つ目は懐旨新味かつの花です。
この辺りでは珍しい個人経営のお店で、主に油そばや、つけ麺を出しています。
特徴は何といってもカツがのっていることです!
三つ目はうだつ食堂です。
徳島中華そばのお店です。甘辛く味付けされた豚肉とコクのある濃い目のスープがお勧めです。
あと、ご飯がおかわり無料なことも忘れてはいけません!

他にもあるのですが、きりがないのでこれぐらいにさせてもらいます!

興味があれば是非和敬に来た時に寄ってみてください!

文責 宮崎太地