2017年5月20日土曜日

白熱! 班対抗仮装フットサル!!

こんにちは!
最近、尋常じゃないレポートで早稲田大学の恐ろしさを味わった広報部の楠です!
しかしどんな課題があろうと東寮生は遊び心を忘れません!!
そういう訳で、今回は班対抗仮装フットサルを紹介したいと思います!



班対抗仮装フットサルは言葉の通り、仮装によるパフォーマンスとフットサルを組み合わせた競技を班対抗で戦います!




各班趣向を凝らした仮装の中、僕が個人的にすごいなと思ったのは5,6班のデスノートです!



ライトに扮した1年生の簑田君や死神に扮した四年生の堀部さんと丸山さんは驚愕のクオリティでした。
敵である7班の班員の名前を次々とデスノートに書き、東寮生を楽しませながら、7班を苦しめることで見事に勝利を納めました!



他の班のことも書きたいのですが、書き始めると止まらなくなりそうなので、今回はここまでにしたいと思います!
また仮装フットサルでは、新入生である一年生たちがしっかりと和敬塾東寮に馴染んでる姿を見せてくれました!彼らのこれからの活躍にも期待していきたいと思います。





次のブログは塾祭です!
お楽しみに!!

文責  楠 大和

2017年5月10日水曜日

新入生インタビューその3

こんにちは!近藤です!お久しぶりではないですが、今回も頑張ってブログを書いていきたいと思います!
今回は新入生インタビューその3です!
今回が最後の新入生インタビューになります。そしてこのインタビューの大トリを飾るのは二階に住む神田 武田 鈴木です!
さっそくインタビューしていきたいと思います!
           今回インタビューを受けてくれた3人

新歓期の感想

鈴木 「あっという間だったよね。」
武田 「うん。とても大変で特に環境が変わったから慣れるのが大変だった。」
神田「ただ、慣れてくると学ぶことが多く、上京してきて何もわからなくて大変でしたが今となっては和敬塾に入って正解だったと思っています。」
日常への期待感
神田「上級生の方々との時間が多くなると思うのでとても楽しみでした!」
武田「日常はもっとリラックスして暮らせるとお聞きしたので期待感は高かったです。」
実際日常に入ってどうだった?
全員「期待通りでとても楽しいです!」
鈴木「毎朝みなさんで朝ごはんを食べに行くことが楽しいです!」

一芸大会を終えて

鈴木「大変でした。正直辛かったです。」
武田「確かに緊張しましたが自分の殻を破れたのは嬉しかったです!」
神田 「一芸をするのが初めての経験で滑り散らしたのがトラウマです笑。これから面白い一芸を来年に向けて考えてます笑。」

大学生活は楽しい?


鈴木「面白くはないです。毎日一限なのが辛いです笑。」
神田 「慣れてはきました。授業はわからないですけど笑。ただ、大学生活は楽しめてると思います。サークル活動がとても楽しいです。」
武田「体育会に入ったのでスポーツに没頭してます!とても楽しいです!」
最後に大学生活やりたいことは?
全員「彼女をつくることです。」



3人とも真面目にインタビューに答えてくれて本当に楽しかったです!
これからも和敬塾の魅力に触れて欲しいと思います。
次回は班対抗仮装フットサルについてです!


文責 近藤魁