2011年7月18日月曜日

DJ

みなさん、こんにちは!東寮3年の松坂紀康と申します。今回は僕が個人的に外部で活動している【DJ】ということについて書かせていただきます。
DJとはdisc jockey(ディスク ジョッキー)の略で、クラブなどでレコード盤を取り換えながら次々に曲を掛ける様子を、レコード盤(ディスク)を乗りこなす競馬の騎手(ジョッキー)になぞらえた呼び方です。

今回はまず、ぼくがDJを始めたきっかけと次にクラブに関するちょっとした豆知識について書かせていただきます。

ぼくは現在、主に渋谷や六本木のクラブを中心に月1回程度活動しておりますが、そもそもぼくはclub musicというものを大学に入るまで全然知りませんでした。
和敬に入り初めて聞き衝撃を受け、実際に先輩のDJされている姿を見る中でどんどんはまっていきました。今ではclub music無しの生活は考えられませんし、クラブイベントを通じて 多くの人と知り合うことができました。

このように和敬塾では人生のきっかけとなるなにかが転がっているかもしれません。

そしてなんといっても大きな音を出してもあまり問題のないこの環境は最高です。クラブイベントは基本的にはオールナイト(だいたい夜10時〜朝5時)で行われ、その間音が止まることはありません。

それではテストも近いのでこの辺にさせていただきます!ご覧いただきありがとうございます。

文:松坂紀康