2016年5月17日火曜日

笑いあり、涙ありの3年生劇

こんにちは。GWに帰省して、絶対にコンタクトレンズを作ってやるっ!!と意気込んで、地元にあるいたるところにある眼科に行ったのですが、全て閉まっており、なんで閉まってるねん!っと思ったら、GWは休日だということに気づきました。広報部2年生の藤木龍三です。

5月15日に塾祭が盛大に行われました。塾祭ってなに?和敬塾で行われる文化祭みたいなものなの?って思われる方も多くいらっしゃるでしょう。お答えしましょう。だいたいそんな感じです、、。適当になってしまい、すみません。
 
はい、それではこれから塾祭がどんな感じか、プロフェッショナル風に説明していきますね。(ナレーション風)塾祭の朝は早い。誰もがスーツに身を包み、決戦の場、本館へと足を進める。そこには東寮の他に、良きライバルである西寮、南寮、北寮、乾寮がいたのだった、、。(ぼくらは位置について、横一列でスタートをきっ、、、、(BGM))もう普通に説明します。すみません。
 
塾祭とは朝には大講堂に全寮生が集まり、素晴らしい経歴の方からのお話を聞くのですが、今回は富士フイルムのトップの人からお話を聞くことができました。色々なことを考えて、行動されていた方で、自分自身について多くのことを考えさせられる講演でした。
 

講演会が終わると、立食パーティーが行われます。大盛り上がりの立食パーティーでした!一年生の近藤君が見せてくれたあの特技は本当にびっくりしました。また見せてくださいね!何をしたかは本人に聞いてみてください。喜んで答えてくれると思いますよ。笑
 

立食パーティーが終わってからは少し時間が空きます。この間は寮生はサッカーをしたりして楽しく過ごします。今回の和敬サッカーも盛り上がっていましたね。

そして、ついについに、お待ちかねの三年生劇の開演です!!寮生はもちろん、多くのOBの方もいらっしゃっていました。三年生劇とは各寮の三年生の人達が稽古をして、劇をするというものなのですが、プロの女優の方をお呼びして、順位をつけてもらうのです。こうなると、各寮のプライドのぶつかり合いになるわけです。東寮は時代劇を中心とした劇だったのですが、本当に感動しました。脚本も完璧でしたし、どの三年生の方も素晴らしい名演技をされていました。面白い要素を取り入れつつも、シリアスな場面もあり、バランスが非常によくとれている素晴らしい作品でした!


結果発表が夜にありました。なんと、丸山征裕さんが女優賞を見事受賞しました。まさに絶世の美女でした!全体の結果としては奨励賞で、残念ながら望んでいた結果ではなかったのですが、東寮生全員がきっと東寮が一番良かった、と心の中で思っている、そんな素晴らしい三年生劇でした。
 

その後、塾祭後のコンパがあり、すーーーっごく盛り上がりました!今回は残念ながら、三劇で一位になることはできませんでしたが、秋の体育祭では東寮生が一つとなり、最高の結果を出したいと思います!これから、東寮さらに盛り上がっていきましょう!!


文責 藤木龍三