2016年4月23日土曜日

爆笑!一芸大会!

皆さん、こんにちは!
H28年度前期広報部員になりました3年生の関谷崇徳です。
昨年も広報部員をやっていましたが、昨年よりも面白い記事を発信できるよう、頑張っていきたいと思います!
何卒、よろしくお願いします。

さて、今回のブログ内容はというと、、、?
(ダダダダダダダダ-ン!)
「一芸大会」です!

一芸大会とは、新歓期を締めくくる毎年恒例の伝統行事です。
新入生に自身の殻を破ってもらいたく、開催しています。
今年の新入生にもこの経験を元に、是非とも色々な場面で活躍して欲しいものです!





それでは、肝心の一芸はどのようなできだったのでしょうか?また、合格者は誰なのでしょうか?
保護者の皆さまにとっては一番気になるところだと思います。

まず、全体的な評価(あくまで、私個人の主観ですよ!)ですが、皆さん面白い一芸をしていました!
今年の新入生の一芸は例年に比べてレベルが高かったと思います!
そして、今年の合格者は、、、
近藤魁君と谷村宥和君です! おめでとうございます!
この2人からは天性の才能のようなものを感じ取れましたね(笑)
もちろん、他の新入生にはセンスが無いわけではありませんよ!

                 合格した近藤魁君(左)と谷村宥和君(右)

さて、新入生に頑張ってもらったわけですが、このまま行事を終わらせるわけにはいきません。
お手本として2年生にもたくさん一芸をしてもらいました。
2年生の一芸も本当に面白く、学年間で一致団結して合格を取っていました。
1年経って成長した姿に感極まって涙を流しそうになりました。



新入生も2年生も本当に頑張っていました。そして、本当に面白かったです。
お疲れ様でした!

一芸大会後には打ち上げがありました。
新歓期も終わり、皆さん楽しんでいました。
今大会合格者の2人には表彰状が授与され、再度一芸をして貰いました(笑)
会場も笑いの渦に巻き込まれました!

今回の行事で新入生は自身の殻を破れたと思います。
お子さんが帰省した際、是非一芸を振ってみてください。
きっと、面白い一芸とお子さんの成長した姿が見ることができます!
楽しみにしていてください!

今回の記事はいかがでしたか?
面白いと思っていただけたら、光栄です。
次回も面白い記事(のはず)ですので、期待して待ってください!
それでは、これにて失礼します。


文責 関谷崇徳