2016年4月18日月曜日

お花見!

こんにちは!
平成28年度前期広報部員になりました3年生の堀部晋之介です。
和敬塾東寮の魅力をお伝えできるような気合いの入った記事を書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、今回のブログの内容は、4月10日(日)に行われた花見についてです。


花見といいながら、場所は巽寮の地下ホール、、窓から見える景色もコンクリートのみです、、
それなのになぜ花見なのか。
それは寮生一人一人が光り輝く個性を持った大輪の「花」だからです!!
(実際は天気が悪かっただけです笑)

冗談はさておいて、、
花見は企画部長村上君の一芸からスタートしました。
みなさん爆笑で、寒かった地下ホールもまるでライブハウスのように熱気に包まれます。
その後に加藤寮長より乾杯の音頭をとっていただき、歓談の時間となりました。
1年生は花見で共通の話題で盛り上がった方々と絡みのきっかけを作り、日常に入っても先輩方とたくさん絡んでほしいですね!


また、花見では新入生紹介というものがあります。1年生がお立ち台に上がり自己紹介をします。1年生の自己紹介が終わった後、その家系の先輩方がお立ち台に上がっていきます。

ここで、家系とは何?と思った方々もいると思うので簡単に説明させていただきます。

家系とは東寮の中でも特別な関係です。1年生とチューターの関係を親子と呼び、さらにその2年生にも親に当たるチューターがいて、この親子の関係が続いていきます。これが家系です。

1年生は親子、家系の繋がりは特別なものだと実感してくれたと思います。


とても楽しい花見でした!

次回は新歓期の集大成、一芸大会についてです!
次回の更新もお楽しみに!

文責 堀部晋之介