2015年12月17日木曜日

予餞会-別れの時-

どうも、広報部2年の岩田です。
年末に差し掛かり、世間ではお仕事や大掃除など色々忙しい時期ですね!
みなさんはどのようにお過ごしですか?

さて、今回書かせていただく記事は和敬塾4大行事のひとつ、予餞会です!!
分かりやすく言い換えるなら、四年生の卒塾式です!


予餞会は1日かけて行われる大行事で、午前中は式典が開かれます。
四年生の受け入れ代であるOB2年目の方々が四年生の卒塾を祝いに来てくださったり、
今年は東大名誉教授の月尾嘉男先生が講演に来てくださりました。

お昼は食堂で祝賀パーティが開かれます。
みなさん食べるのが早くて、一瞬でお皿の上の料理がなくなりました !


午後は大講堂にて四年生劇が行われました。
普段の日常生活では見られない四年生の珍しい一面や四年生同士の仲の良さを見ることが出来ます!今年も大盛り上がりで、終始笑いが絶えない楽しい劇でした!!


そして、夜は締めの打ち上げです。
各班が四年生の方々に向けて出し物をしました!
全ての班がそれぞれのカラーを持った心こもった出し物だったと思います!!


最後は四年生一人ひとりが僕たち在寮生に向けて熱いメッセージを送られました。

思えば、僕にとって四年生の方々は受け入れ代であって、この和敬塾に入ってからお世話になりっきりでした。楽しいときも辛いときも温かく僕たち在寮生を見守っていて下さった四年生の方々・・・そんな四年生の方々が卒塾されると思うとぽっかりと穴があいたような気持ちなります。しかし、いずれ先輩方はみな旅立っていかれます。だからこそ、僕たち在寮生がその穴を埋め、次に繋ぐため、四年生から教えていただいた事をしっかり心に刻んでこれからの和敬生活を過ごさなければと思いました。

文責 岩田 学矩