2015年12月10日木曜日

部屋紹介 第2弾!

みなさんこんにちは!
湯船につかることだけが毎日の楽しみになってきて色々老いてきた若山です!

さて今回は、みなさんお待ちかね「部屋紹介」をしたいと思いま〜す!
紹介するのは、後期体育厚生部長の2年生の宮原穂高さんです!!

若山「よろしくおねがいします」
宮原さん「ジャーン・・・」
若山「・・・」

若山「 ・・も、持ってるものはなんですか?」
宮原さん「あ、これ?これは彼女からプレゼントでもらったものよん」

開始早々ノロケる宮原さんであった

若山「では始めさせていただきます。まず、部屋に入った第一印象として薄暗さを感じたのですが、これにこだわりはありますか?」
宮原さん「俺の部屋のコンセプトは『くつろぎ』。部屋の蛍光灯は付けず、間接照明にして薄暗くすることでくつろげるようにしてるデ」


緊張のせいか、さきほどから語尾に違和感があるのは気のせいだろうか、なお、宮原さんは福岡県出身である

若山「すごくくつろげます!部屋ではいつも何をしていますか?」
宮原さん「スピーカーでジャズを流しながら読書したりパソコンいじったりしてるかな。部屋は薄暗くて勉強はできないから、勉強は和敬の本館にある自習室でいつもやってるって感じかな
宮原さん「あ、ちなみにこのコーヒーカップも彼女のお土産ね」

またノロケる宮原さんであった


若山「なるほど!その他にこだわりはありますか?」

宮原さん「実はあんまりお金をかけてないことかな」

若山「お金をかけてないんですか!?テーブルやテレビはどうしたのですか?」
宮原さん「テレビとかほとんどの家具は、OBの先輩から卒塾の時にいただいたもの。自分で買ったのは間接照明とソファくらいしかないデ」
若山「いいですね!」



宮原さん「先輩からいただいたりすることもあるし、たくさんの先輩のお部屋を参考にさせていただいてるよ!自分の好きにデザインできるから部屋づくりは楽しいよね」
若山「先輩からのいただきものといえば、宮原さんがいつも着ている服もそうですよね?」
宮原さん「あ、そうそう。このわけ着も先輩からいただいた服で、いつも着て生活を送ってるデ」
若山「そうなんですか」

わけ着とは、和敬生が着る部屋着のことで、その服に個人のアイデンティティが現れたりするのである!!

若山「この部屋、どこか広く感じます」
宮原さん「 でしょ〜。あえてベッド、ソファ、テーブルとか家具を低くしてることで空間全体を広く見せてるんだよ。いいところに気が付いたね!」
若山「参考にさせていただきます!」
宮原さん「おう!」

機嫌をとるのも取材のときには重要である

若山「最後に新入生へ部屋づくりについてアドバイスをおねがいします」
宮原さん「東寮では、廊下にソファがあるから自然と人が集まって楽しく絡むことができる。だからこそ部屋での一人の時間はくつろぎたいと思ってコンセプトを『くつろぎ』にした。自分の好きなように部屋をつくって、廊下でも絡めば充実した東寮生活になると思うよ!」
若山「今日はありがとうございました!」
宮原さん「ちぃーす!こちらこそありがとさん!!」

ぼくも部屋づくりに邁進していきます。
次回もお楽しみに!


文責 若山煕