2015年9月26日土曜日

前祭競技閉幕、本祭に向けて!

こんにちは!
平成27年度後期広報部2年の吉田勇輝です。
前期に引き続き、後期も広報部として活動させていただきます。
東寮のイマを伝えられるよう、精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!

前祭競技が終了しました!
今回は「バスケットボール」、「綱引き」、「5人6脚」、「リレー」の4競技をレポートします。


最初にバスケについてお伝えします! 
初戦は南寮との試合です。南寮は昨年の体育祭決勝で対戦したものの、惜しくも敗れてしまった因縁の相手です。試合を迎えるにあたり、昨年の試合動画を見て研究を重ねる様子が印象的でした。

昨年の課題を克服して臨んだ初戦、キャプテンの和田さんとエース宮崎を中心に、バランスのとれた布陣で開始直後から試合の主導権を握ります。
中盤での早いパス回しから宮崎がスリーポイントシュートを確実に沈め、リバウンドを逃さない着実な展開で、最後まで相手に流れを渡すことなく見事、昨年の雪辱を果たしました。


準決勝の相手は西寮です。
序盤から東寮は得意の連携からシュートを狙うも、西寮の堅い守備に阻まれなかなか得点を挙げられません。東寮は何度も猛攻を仕掛け、終盤に3点差まで詰め寄るも最後までその堅い守備を崩すことが出来ず、悔しい敗戦となりました。


続く3位決定戦では、初戦と同じ顔合わせとなった南寮を相手に惜しくも敗れ、4位という結果で終えました。
来年は今年のレギュラーが多く残ることから、優勝に期待したいです!


続いて、綱引きです。
綱引きは他の前祭競技と比べ順位の配点が高く、重要な種目となっています!
私自身、運動会で綱引きをしたことはあるのですが、ここまで引くときのフォームを気にして練習をしたことはありません。
選ばれし20人の東寮重量級の精鋭が試合に臨みました。


そして、今年もあの方達が東寮の綱引きを盛り上げるべく、帰ってきました!
そう、「箒(ほうき)BOYS」のお三方です!!
箒BOYSの方々がフィールドを清掃してくれることで、よりよいパフォーマンスを演出して頂けるのです!
そしてもう一つ、東寮の綱引きといえば綱RAPですが、今年は、ケツメイシ「RHYTHM OF THE SUN」に合わせアゲアゲな盛り上がりのなか戦うことができました!

気になる結果ですが、2勝2敗の3位という結果でした。
悔しい結果になりましたが、選手たちは全力を出して綱を引くことができ、晴れ晴れとした表情をしていました。応援も一体となり、団結力がより一層深まった気がします。




そして5人6脚、リレーです。
今年の5人6脚、リレーは新木場の夢の島陸上競技場を貸し切り、400mトラックを使って盛大に行われました!

5人6脚は、その名の通り5人1チームとなって足の結束をバトンに、リレー形式で行われます。カラーコーンを回りながらも歩みを揃えることは至難の技ですが、東寮の結束力でスピードを落とすことなく次のチームへ継いでいました。しかし、他寮もレベルが高く、4位と残念な結果となりました。。

今年はメンバーがなかなか集まらず、チーム編成から苦戦してしまった中で、東寮のチームワークを存分に発揮できたと思っています!



最後にリレーです。東寮総勢21人のスピードスターが寮の誇りをかけてバトンを繋きました。


序盤、まさかの5位から先頭を追う形になりましたが、終盤の追い上げによりぐんぐんと差を詰めます。以降ミスはなかったものの、1位とは約5秒及ばず、3位という結果に終わりました。

俊足のメンバーが揃い、期待されていた競技なだけに試合後、キャプテンの實藤さんの顔には悔しさが見えました。最後に、騎馬戦に向けて「小さなミスでも、その1歩が勝負を分ける。99%の力を出せても、残りのたった1%で勝ち負けが決まる」と1位を取ることの難しさをお話いただきました。



これで前祭競技がすべて終了しました。今年は、練習が何度も雨で中止になったことで、十分な実力を発揮できないまま悔しい結果で終えてしまう競技も多くありました。
そして、残る競技は騎馬戦のみです。


次回の記事では、いよいよ騎馬戦についてお伝えします。

騎馬戦が行われる9月27日は、体育祭本祭日と位置付けられ、全寮生の気合いの入り方は並々ならぬものがあります。ここまでの悔しさを騎馬戦で晴らしましょう!


「全勝優勝」へ。東寮の集大成を見せるときがやってきました。




文責 吉田勇輝