2018年1月14日日曜日

寮長インタビュー

こんにちは。今日はセンター試験の第二日目です。
受験者の中には来年入ってくる新一年生もいると思うと、応援したくなります。

今回は東寮長へのインタビューです!
いつもお世話になっている寮長に、僕たちが暮らす裏で行われている苦労や、日々の楽しみについて伺いました。


我らが東寮長

―東寮長をする中で、楽しいと感じる瞬間を教えてください

やはり一番楽しいのは寮生と話すことですね。和敬塾の学生は多くの学生寮と違って通う大学が様々です。それもあってか寮生の個性はピカイチで、話すたびにとても新鮮な気持ちになれます。
自分自身数年前までずっと会社勤めでしたから、学生と話すという体験そのものが久しぶりで、自分の学生時代を思い出して楽しいです。

―では、苦労することを教えてください

具体的に挙げればいくらでもありますよ(笑)
まず、大人には理解できない行動が多い(笑)「なんでそんな無茶するのだろう」とかね。でも、そこにはきっと大人には理解できない理由があるのでしょう。そんな理解不能な行動を叱りながら、自分の学生時代を思い出してしまいます。寮長として苦労する体験は、同時に楽しい体験でもあるわけです。

­―和敬塾には様々な行事がありますが、お気に入りのものはありますか?

まず一つは東寮感謝祭ですね。これは東寮独特の行事なのですが、とてもうれしい試みです。寮生が私たち職員に渡してくれる色紙には細かいエピソードが記されていて、「そんなことを覚えていてくれたのか」と皆で感動しています。
もう一つは、和敬塾の一つの顔ともいうべき体育祭です。多くの人間が一丸となって一つのゴールを目指すとき、そこには大きなエネルギーが生まれます。私たちはそこからエネルギーのお裾分けをしてもらうような気持でみております。

―在塾生へのメッセージをお願いします

東寮の良さはその絆にあると思います。この点において東寮はダントツです。大事にしてください。和敬塾は伝統ある寮です。伝統を重んじ、しかし縛られずに生活してほしいです。
学生とはまず「自由奔放」なところからスタートします。それをやがては「自由闊達」に、そして最後は「自由自在」にと変えてください。「和敬」の意味を考えれば、どのように生活すればよいかおのずとわかるでしょう。もうすぐ新しい代となりますが来年度も期待しています。

―和敬塾への入塾を考えている新一年生へもメッセージをお願いします

ここまで話した通り、東寮の特徴は面倒見の良さです。たくさんの先輩たちがあなたたちのことを全力でサポートしてくれます。また、様々な行事を通してたくさんの経験を積むことができます。他の場所では得られない体験でしょう。
就職活動にも強いですよ(笑)
あなたの入塾を心よりお待ちしています


東寮事務室

文章に起こしてみるとそこまでの文量ではありませんが、実際には1時間ほど付き合っていただきました。どれだけ強い思いを持っていらっしゃるかが伝わってきますね・・・
僕も寮長同様、一年生の入塾を楽しみにしています!

次回は1月20日です。お楽しみに!


文責 袴谷優介