2013年11月20日水曜日

秋の終わりといえば・・・

11月も中盤に入り、秋も終わりに近づいてきましたね。東寮にも暖房が入り始め、いよいよ冬がやってくるって感じです。さてさて皆さん、秋の終わりといえばあれですよね!あれがしたくなっちゃいますよね!!








そうです!








キャンプに行っきましょーーーーう!!!!!(←え?)
まあ、前振りはさておき、そうなるとあの人の出番というわけになってしまうんですね。
ということで、こんにちは。東寮のベーデン=パウエル、野澤です。(ベーデン=パウエルをご存じない方はWikipedia参照)





キャンプが好きで好きで仕方がない、私、野澤文哉が数か月前から練っていた東寮キャンプ企画が遂に実現しました。このキャンプがいかに楽しかったのか、今回はその一部始終をお伝えします。
 

今回私がキャンプ地として選んだのは、奥多摩にある氷川キャンプ場です。和敬塾からは電車で2時間、多摩川に隣接した、とても自然豊かなところでした。





ん?





川?川辺でキャンプ?





そしたら釣りがしたくなるじゃないですか!ということで最初のプログラムとして、マス釣り場に行ってきました。それはもう入れ食い状態で、どんどん釣れました。持ち帰りは1人5匹までと決められていたのですが、それでも8人で釣って計40匹。大漁ですな!
 

釣りを終えキャンプ場に帰ってきた頃にはもう夕方で、夕食にはちょうどいい時間になっていました。1日目の夕食はバーベキューでした。もちろん昼間釣ったマスも、焼いておいしくいただきました。
 


 食事が終わり、バンガローに戻って、就寝の準備・・・・


とはもちろんなりません。東寮生の夜はまだまだです!トランプ、人狼、その他諸々。深夜まで遊びつくしました。
 



さて朝になり、近くの温泉にもいって、リラックスした私たちは、氷川キャンプ場を後にし、昼食で利用するバーベキュー場へ移動を開始しました。奥多摩の自然はそんなちょっとした移動さえも退屈にさせず、私たちはプチハイキングを楽しんでいました。
 


 

バーベキュー場につくと、癒しの猫ちゃんたちがお出迎えしてくれました♡
 

昼食のメニューは、焼きそば&カレーです。この組み合わせ予想以上に相性良かったです!!
 

食後はキャンプ場内にある川へ。そこにかかっていた吊り橋の上でなぜか衝動に駆られた私たちは、誠に僭越ながら自己紹介させていただきました。
 


楽しいキャンプというのはあっという間で、2日目のプログラムも全て終わってしまいました。再び2時間の電車旅に身をゆだね、無事和敬塾に帰りました。
 

今回は計12人という小規模なキャンプでしたが、次はもっと大規模で、また日数ももっと増やして行いたいですね。今回参加できなかった方で、この記事で興味を持たれた東寮の皆さん、是非次回はご参加ください!お待ちしています。

P.S. こう見えても結構ハプニングも多かったんですがね。それはまた別のお話。
P.S.のP.S. ハプニングの原因が主に例の企画者にあったんですがね。それもまた別のお話。


 
文責 野澤