2012年7月30日月曜日

茶道部紹介


みなさんこんにちは、東寮三年の森東です。

和敬塾には、全寮合同で行う様々な教養活動があります。柔道や書道、棋道にタッチフットボール、総合格闘技など本当に多種多様です。その中で、僕が現在部長を務めている茶道部について紹介したいと思います。

茶道部は月に二回、土曜日か日曜日に細川邸でお稽古をしています。日本女子大学でもご指導をなさっている江川先生に講師をお願いしています。
今年は東寮の一年生がたくさん入ってくれたので、部員も増えてにぎやかに活動中です。
入部動機は様々ですが、一度経験してみようかな、という好奇心がほとんどです。
お茶を披露する機会は、塾祭の日の塾祭茶会、台湾との交流事業、先生の紹介でのお茶会など様々あり、一回一回が濃厚な、非常にいい経験をさせていただいています。

では、ここで茶道のことを少し書きたいと思います。
茶室には、床の間があります。そこに掛け軸をかざって、それをその茶会のテーマとするのです。たとえば、台湾との交流イベントの時は「一期一会」の軸をかけて、七夕にちなんだ道具やお菓子を用意しました。
一期一会と七夕もいろいろと関連があるのですが、、、おっと、これ以上は深い話になってしまいますので、一度茶道部に顔を出してみてください。
おいしいお抹茶とお菓子を楽しみながら、まったりとお話しましょう。


色々と大学生活の楽しみ方はあるとは思います。
サークルや、友達との遊びを毎日エンジョイするのも最高だと思いますが、たまには心を落ち着けて、お抹茶を飲みながら日本文化に浸ってみませんか?

文責:和敬塾茶道部部長 森東宏紀