2014年6月4日水曜日

これぞ和敬!山手線一周ハイキング!

♪歩こう〜歩こう〜山手線一周〜
♪歩くの大好き〜どんどん行こう〜

5月31日。
とうとう来ました山手線一周ハイキング!通称山ハイ!
そしてみなさんこんにちは!
今回、和敬塾ビッグイベント山ハイの記事を書かせていただく梁川です。
福岡出身の僕は初めてJR山手線に乗ったときに、車内でCMが流れていてとてもびっくりしました。
そんな山手線を歩いて一周する。わくわくしますね!


山ハイとは和敬塾で昭和から続く行事で、山手線を寮生全員で歩いて一周しようというものです。
去年は悪天候のため渋谷までしか歩けませんでした。
なんと現在の寮生の中では四年生の方々しか完歩されていません。
今回は天候に恵まれたということですごく楽しみでした。

出発は20:30で歩き始める前からあたりは真っ暗です。
序盤は和敬→高田馬場→新宿→原宿→渋谷です。
このあたりは辺りも華やかで都会を歩いている感じがします。
そして、渋谷までには1年生全員が大声で自己紹介をします。
世の中に自己紹介する。とても大事なことですね!よく頑張った1年生!



最初の休憩ポイントは代々木公園です。みんなの顔はまだまだ余裕ですね。
休憩ポイントでは体育部員からの点呼があり、おもしろおかしく返事をしないといけません!
みんな間髪入れずにおもしろく返事をします。山ハイのためにネタを暖めていたんですね。

渋谷では知らない方々と意気投合し、知らない人を胴上げしました!笑
これも山ハイテンションだからなせる技でしょう。
渋谷から先は代官山、慶応義塾大学、東京タワー、日比谷を通ります。
渋谷までとはまた違った落ち着いた雰囲気です。
そろそろ疲れが見え始めた寮生もちらほら、しかし突発的にかけっこが始まることも。。


日比谷公園では二回目の休憩を取り、ジュースやパンで栄養補給を
します。

このころから全体的に疲れが目立ちますが、東寮生はテンションを上げて頑張ります。
大人な町並み丸の内、聖地秋葉原、動物園の動物も熟睡中の上野を歩きます。
最後の休憩ポイントは上野公園。着いたのはもう四時前でした。
点呼が終わり出発する頃には完全に夜があけており、東寮生は深夜テンションではない謎のテンションで突き進みます。


上野公園から和敬塾まで、約一時間半。
和敬に帰ってきたのはなんと早朝の5:50くらいでした。
最後まで天候に恵まれ、寮生全員で約30km、山手線一周を完歩することができました!
終わってみるとあっという間だったようで、すごく楽しかったですね。



山ハイでは先輩や後輩、同輩とたくさん話すことができます。
たわいもない話やときには深い話もすることができ、歩きながら色んな絡みができるところが山ハイの魅力だと思います。
来年もいい天候で完歩できるといいです!

それでは、次回の更新をお楽しみください!


文責 梁川遼宥