2013年3月13日水曜日

来期にむけて

皆さん、こんにちは!
平成24年度後期広報部長を務めさせていただいております、山本です。

時が経つのもあっというまで、明日には任期満了の予定です。
ここでちょっと、自分の思いをたどってみようと思います。
興味ある人も、ない人も最後までお付き合いして頂ければ、
とっても嬉しいです!!


さてさて、、

大学に入るのに一番近い居住空間を探していたら和敬を見つけ、興味本位で入ってみたら驚きの新歓期をむかえ、さらに、刺激にあふれる日常が待ち構えていた、ここ和敬塾。



新入寮生は誰でも、この和敬塾の文化に違和感を覚えることでしょう! 笑
そりゃ、今までと住む世界が違うという単純なギャップがあることが前提ですが、それ以上に和敬塾特有の「あいさつ」であったり「絡み」であったりが必ずや新入寮生の前に立ちはだかるのです!

僕も正面から「ズドンッ」とその壁にぶち当たったくちなんです。
(でも、それが普通かと!!笑)
この「壁」を如何に乗り越えるかがここ、和敬塾が寮生に課す永遠の宿題であると私は考えておるのです。



宿題を自分だけでといてみるのも良し、同輩と一緒にといてみるのも良し、こっそり隣の同輩の宿題を覗いてみるのも良し、先輩に聞いてみるのも良し、寮の事務の方に聞いてみるのも良し、はたまた両親に聞いてみるのも良いかもしれませんね~~

小さい頃からほとんどの人が言われてきたと思います。
「宿題をやりなさい!!」っと。
じゃあ、やりましょう!!  和敬塾の宿題にめぐり会ったのも何かのご縁でしょう、それならば宿題を放棄せずに取り組んでみたらどうでしょうかね~~  っと僕は思うのです!!

この宿題、時には自分の邪魔をしたり、イラつかせたり、悲しくさせたり、楽しませたり、はたまた奮い立たせてくれるという、いろんな感情、思い、考えを僕らに与えてくれる優れものなのです。




いろんな人にこの「壁」を如何に乗り越えるかという宿題に取り組んで欲しいものです!!!
これが、今期このブログを通して僕が伝えたかったことの1つです。
拙い文章と、適当なリーダーシップでも、この気持ちが皆さんに伝わっていることを願ってシメの言葉とさせていただきます。


今まで、このブログを読んでくださった方々には、本当に感謝しております。また、更新が滞ること、誤字脱字があることなど、ご指導してくださった方々もありがとうございました。




来期はまた、新しいメンツでこのブログを運営していくことになります。
引き続き、ブログのチェックをお願しますね!!!!


※ちなみに、文章に関係なく、挿入されている写真たちは僕の思い出です。
  あえて写真のみの掲載してます。そのほうが楽しそうでしょう??

それでは、失礼します。


文責 山本玄人