2017年4月27日木曜日

4月で一番笑った日

こんにちは!
今期から広報部員になった和敬塾東寮2年の近藤です。まだまだ知らないことばかりですが、これからよろしくお願いします!


さて今回のテーマは一芸大会です!


一芸大会とは新歓期を締めくくる毎年伝統の行事です。一年生に自分の殻を破ってほしいという意味を込めて毎年開催しています。
今年の一年生にもこの経験を生かし様々な場面で活躍してもらいたいものです!






それでは今年の一芸の出来はどうだったのでしょうか?また今年の合格者は誰だったのでしょう?それでは早速見ていきたいと思います!






まず全体の評価としては(あくまでも個人的な意見ですが)とてもレベルが高く、各々の個性が爆発していたのではないかと思います!
特に一年生は個性的な一芸が多く見られ、とても面白かったです。来年に向けて大きな期待が持てました!


そして、今年の合格者は、、、
残念ながら1人も合格をとることは出来ませんでした。しかし順番に恵まれなかっただけで秀逸な
一芸を数々残してくれました。


さて一年生に頑張ってもらったわけですがこれで終わる一芸大会ではありません!
お手本として二年生がたくさん(本当にたくさん)の一芸を披露させていただきました。
これまた秀逸な作品が数多く見ることができ、
例年よりも面白かったとお褒めの言葉をいただきました!


一年生、二年生ともにとても頑張ったのではないかと思います。本当にお疲れ様でした!






一芸大会後には打ち上げがありました。
新歓期も終わり皆さんとても楽しまれていました。一芸が特に面白かった8人には表彰状が授与され、再度一芸をしてもらいました笑
今回の行事を通して一年生は自身の殻を破れたと思います。これから始まる日常に是非生かしてほしいと思います!










それでは、これにて失礼します。
次回は新入生紹介パート2です。


文責 近藤魁