2017年1月5日木曜日

加藤寮長インタビュー!


こんにちは!
あけましておめでとうございます!

年末に帰省先の福岡で暴飲暴食、不眠を続けた結果胃腸炎で点滴をうたれながら新年を迎え、正月三が日ずっと寝込んでいた實藤です!
皆さんくれぐれも体調には気をつけてください。


2017年も元気に東寮ブログを運営していきたいと思います。

さて、2017年最初のブログの内容は、、、、、




加藤寮長インタビューです!!!


昨年12月21日をもちまして長年にわたって東寮を支えてくださった加藤寮長が退任されました。なので今回はそんな加藤寮長にインタビューをさせていただきました!


ーーよろしくお願いします。
 いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。


ーー最初に和敬塾で事務の仕事をすることになった経緯を教えてください
   和敬塾に来る前の会社では、売り上げや利益に追われる毎日の事業活動をしていたので、定年後はそれとは違う別のジャンルで社会貢献ができればと考えていました。その時に和敬塾の存在を知りました。今までの自分の経験を若者に伝えて、少しでも参考になるようなことができればと思い和敬塾に入職しました。


ーー寮長をされるにあたって意識されたことはありますか。
   私が入った頃は、あまり学校にも行かず、廊下でたむろしている学生が多く、そしてこれがかっこ良い東寮生という風潮がありました。これを直すべく、委員会とも相談して「勉学第一」という方針を立て、皆が真面目に学校に行けるように仕向けました。


ーー東寮の良さはどんな所だと思いますか。
   学生同士が大変仲が良く、一生涯の友達となる関係が構築されている所だと思います。学校のサークル関係での友達づきあいは言うには及ばず、和敬塾各寮と比べても友達としての付き合いの深さは群を抜いています。




ーー東寮での一番の思い出を教えてください。
   やはり体育祭でしょうか。東寮全員が一致団結して闘い、勝って泣いて負けて泣いて、まさに青春の一ページのドラマを見ているようで感動しました。





ーー今年度の体育祭に関して何かありますか。
   気持ちを一つに出来た寮が勝てるのが騎馬戦だと思います。今年は惜しかったですが、来年は絶対優勝してください。


ーー長年事務の仕事をされて東寮もしくは和敬塾の変化はありましたか。
   昔のほうが暴れん坊が多かった気がします。外部で深夜に騒ぎを起こして、警察から引き取りに来るよう電話が掛かってくることもありました。今はこじんまりとまとまっていて、トラブルも起こさない良識系の塾生が増えた気がします。


ーー最後に東寮生にメッセージをお願いします。 
   大学生活の4年間はあっという間に過ぎ去ります。時間を無駄にしないで、学校生活や和敬塾生活に全力で取り組んでほしいと思います。特に和敬塾生活においては、寮生同士の深い交流の中から様々な気づきを得て、大きく成長してほしいと思います。また皆さんのおかげで私自身も充実した、楽しい和敬塾生活を送ることができました。大変有難うございました。


加藤寮長ありがとうございました!
僕が東寮に入寮するようになったのも、僕の兄が和敬塾に入るときに加藤寮長に東寮を案内してもらって、母親が加藤寮長のもとで息子を育てたいと思ったことがきっかけで、僕自身も加藤寮長の人柄がとても大好きです。
現役和敬生、OBの方々含めたくさんの人が加藤寮長にお世話になったと思います!




加藤寮長本当にお疲れ様でした!!
そしてありがとうございました!!


文責  實藤修久