2013年8月24日土曜日

留学へ行く二人

 こんにちは。花火大会に行って雨でずぶ濡れになった、高田隼也です。

 この夏、東寮では、しばしのお別れを惜しむ季節となります。なぜなら二年生の小池遼と武田有人がアメリカ合衆国オレゴン州へ留学へ行ってしまうからです。
 
 そこで今回は二人に留学への意気込みを語ってもらいました。

小池遼



「とにかく勉強と運動を頑張りたいです。
 勉強に関しては、英語力ももちろんですが、それ以上に向こうでなければ学べないことを学びたいです。BusinessとかJournalismなどですね。
 運動に関しては、特に決めてはいません。しかし授業で履修できるそうなので積極的に参加していきたいです。」

 彼とは同じ班で、今までいろいろなことがありました。留学に行ってしまうことは感慨深いものがあります。小池にはぜひ、ハイスペックなマッチョマンになって東寮に戻ってきてほしいです。

武田有人



「留学に行くことを決めたのは、中学校の時の担任の先生の影響でした。その頃から留学に行くことはずっと考えていました。だからあと一ヶ月で留学できるというのはものっすごい嬉しいです。
 まあ、あっちでも不安なことはあるけど、何とかなるんじゃないかな~と、留学行く前から心配する奴がいるかよ!と思って、最近はそんなに意気込んでいません。終わりましょう。」

 武田は常にいろいろなことを考えている人です。会議の時には的確な意見を出し、絡みの時にはいつも人を楽しませてくれます。一芸にもストイックです。
 そんな、和敬生の鑑のような彼ですが、留学から帰って来る時には、さらに磨きをかけて戻ってきてください。

 以上、二人に意気込みを書いてくれました。ご協力本当にありがとうございます。

 入寮してからの一年半、楽しい時も辛い時も共に乗り越えて来ました。そんな仲間とのしばしの別れは寂しいですものです。しかし一年後には必ず再開できます。
 
 それまで、日本に残る私たちがすべきことは何でしょうか?それは、より良い東寮を作ることです。二人が帰ってきたときに、和敬塾東寮が一番だと思わせることができるように努力していきます。

 二人がアメリカで努力しているように。

文責 高田隼也