2015年6月10日水曜日

留学生紹介

みなさんこんにちは。3年生の梁川です。
最近はすっかり暑いですね。布団ももう一枚で十分です。
剣道部の僕にとってはこの先水分補給は欠かせない時期です。笑

今回は東寮の留学生を紹介します。
今回紹介するのは僕と同じ一班で暮らしているトマスです!

                   トマスは一番左です!  

トマスはアルゼンチン出身のなんと28歳。上智大学に通っています。
柔道や総合格闘技が好きで、体格もガッチリしています。
日頃から廊下で一緒に勉強したり、たまに日本語を教えたり、逆に英語を教えてもらったりしています。
そんなトマスにインタビューしてみました!

私「どうして和敬塾に入ったの??」

トマス「和敬塾は木々も多くて、食事もいいからね。でも一番の理由は日本人学生が寮生のほとんどを占めているからだよ。和敬以外の寮は留学生が大半だったり、日本人と留学生の人数比が同じくらいのところもある。でも僕は日本人が好きだし、日本語や日本の文化を学びたいから、日本人ばっかりの寮にしたんだ。あと、柔道やMMA(総合格闘技)の教養講座も大きな魅力だね。」


私「なるほど、確かに留学生にとっては周りが日本人ばっかりという方がいい刺激になるね。」

私「将来は何をしたいの??」

トマス「外交官だね。会社のように規則的に働くより、外交官のように常に不規則な働き方をしたいんだ。旅行も好きだし、新しい言語を学ぶことが好きだ。なにより、いろいろなものが見たいね。人生には変化がないと。」

私「東寮での生活はどう??」

トマス「とても楽しいね!


上智の留学生友達からうらやましがられるくらいだよ。和敬の人々はとても距離が近い。お互いがお互いに信頼し合っているのが伝わってくるね。」

私「そう言ってくれるのは本当に嬉しいよ!」


トマスは交換留学生で一年間しか東寮にいれないので、たくさん絡みたいですね。
日頃はトマスと英語で話しているので、英会話力もアップしました!
今度は一緒にトンカツを食べに行く予定です。笑
それでは、次回の更新をお楽しみに!

文責 梁川遼宥