2017年1月31日火曜日

自習室という名の聖域

みなさんこんにちは!
大学の定期試験の度に体重が増える広報部副部長の若山です。

今回は、大学の定期試験の真っ只中ということで、東寮生のテスト勉強の様子を覗いてみたいと思います!

東寮生は自室や大学図書館、そして塾内の自習室で勉強している人が多いようです。
その中でも今日は自習室をご紹介したいと思います!

自習室は学生ホールの3階にあります。
東寮からは少しだけ歩きます。



自室にいると、廊下から既に試験を終えた人々の楽しそうな会話や食事・音楽などが聞こえてきますが、自習室ではありえません。
どの寮からも隔離されて聖域となっているこの部屋では、おしゃべりをするほど勇気のある者はいません。




個人的には、その静けさによって睡魔におそわれるので利用していませんが、試験期間中は自習室に行くと必ず誰かが勉強しています。


自習室に写真を撮りに行ったとき、偶然東寮1年生の谷村君が勉強していました。
勉強中でしたが、被写体になることを快諾してくれました。




※鼻にペンのスペアを入れているそうです。


テストが終われば長い長い春休みが待っています。
試験を乗り切って、楽しい春休みにしたいですね!!

文責 若山熙

2017年1月28日土曜日

お部屋紹介!!


こんにちは。現在、テスト勉強に追われている広報部一年の梶山です。
このままだと経済学部への進学が厳しいので、さらに気合いを入れてテスト勉強に励まなくてはなりません。頑張ります!!


今回は、僕の独断と偏見から東寮で一番オシャレだなと思った東寮生のお部屋を紹介させて頂きます。その栄えある受賞者は、、、

ジャカジャカジャカジャカ、ジャン!4年生の松本将さんです。おめでとうございます!!!
では、早速お部屋の全貌を見ていきましょう。





やはり、とても綺麗で癒される空間ですね。ゴミ屋敷の僕の部屋とは違います。コンセプトは「統一感」だそうです。その意味は、1つ1つの家具に意味があるのではなく、全体として1つの部屋をなしているとのことでした。義理・人情に熱い松本さんらしいコメントでした。

今回は、その中でも特に松本さんがお気に入りにしているものをお聞きしました。テレビなどの家電類でしょうか。それともカーペットなどの家具類でしょうか。いや、違いました。



「観葉植物」だそうです!!観葉植物といえば、男性の部屋にあってドキッとするものランキング2位だそうですね。僕も近々買おうと思います。ちなみに1位は「間接照明」でした。これは先週個人的に原宿で2万円するものを購入致しました。

部屋だけでもカッコ良くすることで、見た目も伴ってカッコ良くならないかなと日々悩んでおります。少し話が逸れましたが、松本さんのお部屋にある観葉植物についてお話ししていきたいと思います。




こちらの観葉植物は、2年以上コツコツと水をやり続け、葉っぱが2倍以上になったとおっしゃっていました。ここまでくると、もはや我が子のような愛おしさがありますね。




次はこちら。壁に綺麗に飾られるこれらの観葉植物もやはり趣がありますね。部屋に緑が取り入れられることで日常の中で癒しが得られそうです。


皆さんいかがでしたか?観葉植物は欲しくなりましたか?そうですよね!絶対欲しくなりますよね!!では、今度僕と一緒に買いに行きましょう!


次回の更新もお楽しみに!
文責 梶山真嗣

2017年1月10日火曜日

帰省ツアー!!!



みなさん明けましておめでとうございます!一年の楠です。

2016年は受験や和敬塾での新生活などいろんなことがありました。
2017年も充実した年にしたいものです。



さてさて、今回は毎年恒例の帰省ツアーを紹介したいと思います!

僕は浪人時代に昨年のブログでこのイベントの存在を知ってから、参加するのをずっと楽しみにしていました。








帰省ツアーとは年末に西日本に実家がある東寮生が一緒に電車で観光地を巡りながら帰省するものです。今年は福岡出身の梁川さんと宮崎さん、熊本出身の吉田さん、そして佐賀出身の僕の四人で、九州最大の都市の博多を一泊二日で目指しました。





1228日の朝に和敬塾を出発し、最初に京都駅に降り立ちました。

僕が入塾する前のことなので詳しいことは分かりませんが、毎年帰省ツアーで銀閣寺に行っていますが、敷地内に入ることは毎年失敗しているそうです。

ですが、今年は見事に銀閣寺の観光に成功しました!!







また、帰省ツアーといえば、ご当地グルメを食べて回ることが大きな楽しみなのですが、京都では肉まん、抹茶シュークリーム、抹茶ゼリー、そして天下一品総本店でのラーメンなどを堪能しました。





それから夕暮れ頃に移動を始め次の目的地、大阪に到着しました。







てさて、大阪での名物と思いつくのは、あれでしょう。そう、串カツです!!


今回は串かつだるまで本場の味を堪能しました。






さあ本来はおいしくいただいて終わりですが、帰省ツアーは一味違います。
帰省ツアーの別称に実は漢気ツアーというものがあり、その名から分かるように漢気ジャンケンで食事代を支払う人を決めます。

一日目の締めである夕食は自らの漢気を示す絶好の機会なのです。まだまだ漢気の足りない下級生の僕は一歩下がって先輩方の戦いを見守ります。


激戦の結果この戦いを制したのは...................梁川さんです!!!!
東寮の中でも屈指の漢気を誇る梁川さんが見事その漢気を示しました。




串かつを食べた後、大阪駅近くのスパに宿泊し、疲れを癒してから二日目を迎えました。

二日目の最初は大阪観光です。大阪の名所、新世界の通天閣に行ってきました。



大阪の街が持つ独特の雰囲気は東京とも福岡とも違い、とても感慨深かったです!

通天閣から降りた後は大阪名物のたこ焼きとお好み焼きをおいしくいただき、しっかりと大阪を堪能しました。

そして大阪に別れを告げ、ついに目的地である博多に到着しました!


目的地に着いたと言っても帰省ツアーは、まだ終わりではありません。
博多ではもつ鍋をいただきました!!
東京でももつ鍋を食べましたが、やはり本場のもつ鍋は一味違いました。

さてさて皆さんお気付きでしょう。そう漢気ジャンケンの時間です!!
一日目同様、下級生の僕は一歩下がってその戦いを見守ります。
この戦いは一日目の串かつだるま以上の激戦となりました。
見事勝利したのは.......................梁川さんです!!!!!

重要な戦いをしっかり抑え、昨年に引き続きMVO(Most Valuable 漢気)に輝きました!



そして、もつ鍋の後に締めのラーメンをいただき、帰省ツアーは終了しました。
帰省ツアーは、僕にとって初めてのことばかりでとても充実した旅でした。
今回は初めてということもあり、先輩方に楽しませてもらいましたが次は僕が新一年生を楽しませるようにしたいですね。
次の帰省ツアーも楽しみです!

後になりましたが、今年もよろしくお願いします。

文責 楠大和

2017年1月5日木曜日

加藤寮長インタビュー!


こんにちは!
あけましておめでとうございます!

年末に帰省先の福岡で暴飲暴食、不眠を続けた結果胃腸炎で点滴をうたれながら新年を迎え、正月三が日ずっと寝込んでいた實藤です!
皆さんくれぐれも体調には気をつけてください。


2017年も元気に東寮ブログを運営していきたいと思います。

さて、2017年最初のブログの内容は、、、、、




加藤寮長インタビューです!!!


昨年12月21日をもちまして長年にわたって東寮を支えてくださった加藤寮長が退任されました。なので今回はそんな加藤寮長にインタビューをさせていただきました!


ーーよろしくお願いします。
 いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。


ーー最初に和敬塾で事務の仕事をすることになった経緯を教えてください
   和敬塾に来る前の会社では、売り上げや利益に追われる毎日の事業活動をしていたので、定年後はそれとは違う別のジャンルで社会貢献ができればと考えていました。その時に和敬塾の存在を知りました。今までの自分の経験を若者に伝えて、少しでも参考になるようなことができればと思い和敬塾に入職しました。


ーー寮長をされるにあたって意識されたことはありますか。
   私が入った頃は、あまり学校にも行かず、廊下でたむろしている学生が多く、そしてこれがかっこ良い東寮生という風潮がありました。これを直すべく、委員会とも相談して「勉学第一」という方針を立て、皆が真面目に学校に行けるように仕向けました。


ーー東寮の良さはどんな所だと思いますか。
   学生同士が大変仲が良く、一生涯の友達となる関係が構築されている所だと思います。学校のサークル関係での友達づきあいは言うには及ばず、和敬塾各寮と比べても友達としての付き合いの深さは群を抜いています。




ーー東寮での一番の思い出を教えてください。
   やはり体育祭でしょうか。東寮全員が一致団結して闘い、勝って泣いて負けて泣いて、まさに青春の一ページのドラマを見ているようで感動しました。





ーー今年度の体育祭に関して何かありますか。
   気持ちを一つに出来た寮が勝てるのが騎馬戦だと思います。今年は惜しかったですが、来年は絶対優勝してください。


ーー長年事務の仕事をされて東寮もしくは和敬塾の変化はありましたか。
   昔のほうが暴れん坊が多かった気がします。外部で深夜に騒ぎを起こして、警察から引き取りに来るよう電話が掛かってくることもありました。今はこじんまりとまとまっていて、トラブルも起こさない良識系の塾生が増えた気がします。


ーー最後に東寮生にメッセージをお願いします。 
   大学生活の4年間はあっという間に過ぎ去ります。時間を無駄にしないで、学校生活や和敬塾生活に全力で取り組んでほしいと思います。特に和敬塾生活においては、寮生同士の深い交流の中から様々な気づきを得て、大きく成長してほしいと思います。また皆さんのおかげで私自身も充実した、楽しい和敬塾生活を送ることができました。大変有難うございました。


加藤寮長ありがとうございました!
僕が東寮に入寮するようになったのも、僕の兄が和敬塾に入るときに加藤寮長に東寮を案内してもらって、母親が加藤寮長のもとで息子を育てたいと思ったことがきっかけで、僕自身も加藤寮長の人柄がとても大好きです。
現役和敬生、OBの方々含めたくさんの人が加藤寮長にお世話になったと思います!




加藤寮長本当にお疲れ様でした!!
そしてありがとうございました!!


文責  實藤修久