2015年5月28日木曜日

山手線ハイキング!!

こんにちは。
広報部二年の丸山です。
今回は先日あったビッグイベント、山手線ハイキングについて書かせていただきます!

山手線ハイキング(通称:山ハイ)とは山手線に沿って都内を一周する和敬の伝統行事です。
ただ一周といっても我々和敬塾生は電車に乗って移動するというような甘ったるいことをするわけがありません。
距離を稼ぐのはもちろん己の"足"です!



5月24日の夜21時に東寮生は結構なテンションで寮の玄関に集まりました。
全員の点呼が終わり、さぁいよいよ山ハイが始まります。

ここからいくつかのエリアに分けて山ハイのリポートをしていきます!


まず最初は副都心エリアです。
(21:00〜24:00 高田馬場・新宿・原宿・渋谷)

繁華街の中を大きな集団で歩く僕たちを物珍しそうに外国人の方やお酒で気分がハッピーになった人たちが見てハイタッチをしたり話しかけてくれたりしました。
さすが若者の街、24時近くでもまだまだこれからという感じでしたが、あの日の渋谷で一番勢いがあったのは間違いなく東寮生でしょう!





次は東京タワーエリアです。
(0:00〜2:00 南麻布・慶大・芝公園)
都会の喧騒から少し離れ、人通りの少なくなった都心を歩き始めた頃、和敬生のトークはさらに盛り上がっていきます。
寮生全員が楽しい話や深い話など色々な話題で盛り上がりながら歩いていました。
新入生もたくさんの先輩方と絡みに絡めたと思います。



続いて日比谷通りエリアです。
(2:00〜4:30 日比谷公園・丸の内・秋葉原)
綺麗に整備された丸の内・大手町の深夜のオフィス街、そして皇居の内濠の側を通るこのコースは歩いていてとても気持ちがよかったです!
大手町の高層ビル群は大都会東京を十分に味わわせてくれましたし、
日比谷公園での休憩で配られた牛丼は皆で食べるせいか、普段よりおいしさ増し増しでした‼︎



最後は「よく頑張った!あとちょっとだぞ」エリアです。
(4:30〜6:30 上野公園・後楽園)
最後の休憩ポイントである上野公園に着く頃には空が明るくなり始めていました。
この頃からでしょうか。寮生のテンションは一周回ってハイになります。
ここからはただ勢いだけで和敬を目指してひたすら歩きました。



そしてスタートから約9時間、遂に和敬塾に戻ってきました。
最後の一番急な坂を登りきった皆の顔はとてもすがすがしいものでした。
こうして東寮生全員が無事に完歩することができました!



ここ二年間、天候にも恵まれ最高の山ハイを作ることができました。
来年度の山ハイも楽しいものになるといいですね!!

それでは次回の更新をお楽しみに!!

文責 丸山 征裕

2015年5月25日月曜日

塾祭だあああああああ!!

こんにちは!
広報部2年の蓮沼です。半年ぶりに髪を染め個人的には若返ったと満足していますが、多くの周りの人からは似合ってないと言われています。。。

そんなことより塾祭についてです!

塾祭とは和敬塾の4大行事の1つで式典、立食パーティー、そしてなんと言っても目玉行事である各寮対抗の3年生劇(通称3劇)のことです。







先立って行われました、1年生劇であるフレッシュマン劇はこの3劇の前座と言われるほどのクオリティを毎年3年生の方々は見せてくれます。
各寮の3年生の方々がかなり時間をかけ脚本を考え、遅くまで練習したり一日中練習したりとこの日が近づくにつれ楽しみという気持ちがどんどん高まっていっていました。






本番の日はプロの女優の方の審査員に劇を見てもらい、様々な点から点数をつけていただくというものでした。
例えば、少しでも予定の時間よりも長く劇をやってしまうと大幅な減点をされてしまう、、、
構成面により点数が変動する、、、
といった様に厳しく採点をしていただきました。


当日はOBの方々にもたくさん来ていただきました!



今年の東寮の3劇は刑事ドラマ、、、と見せかけてあるきっかけにより記憶障害になってしまった野尻さん演じる男性の記憶をその男性が通う病院のスタッフでなんとかして取り戻そうと協力し企画をすると言うような内容でした。

夢の場面に移ったり時間が変わったりととても構成が考えられていて見ていて面白く考えさせられ一体次はどんな場面が来るのかわくわくさせられました。
来年の3劇が楽しみになってきました。
しかし、来年自分たちが先輩方のようなクオリティの高い劇を考え演じることが出来るか不安な気持ちもあります笑
この1年間で先輩方のような姿になれるようにしっかりと成長出来るように日常で生活して行きたいですね




そして結果は、、、

3位でした!
個人賞も谷村さんの助演男優賞もいただきました!





来年の僕たちの3劇では全員がそれぞれの役を演じながら他寮よりも面白く完成度の高い話を作りたいと思いました!


それでは、次回の更新もお楽しみに!!

文責 蓮沼太郎

2015年5月23日土曜日

五月祭

こんにちは!

広報部2年生の関谷崇徳です。

5月は楽しい行事が多く、賑やかな月でした。1年生も東寮での生活に慣れつつあり、寮生全員が楽しんで日常を過ごしています。

今回も賑やかな東寮の生活の様子を発信していきます!

さて、今回のブログの内容は、5月16日に行われた五月祭についてです。

五月祭とは名前の通り、5月に行われる東京大学の学園祭のことです。最高学府の学祭だけに来場者数も多く、盛り上がっていました。 

東寮はこの五月祭に毎年参加し、出店しています。今年はピザとスウィートピザを焼いていました。五月祭でピザのお店を出していたのは私達だけでしたので、たくさんのお客様がきてくださいました。

今年も1年生は数日前からお店の看板を作ったり、ピザづくりの練習をしたりと頑張っていました。本番もシフト制で仕事をやっており、1年生が輝いていました。

もちろん、1年生だけでなく、2,3,4年生も集客を行うなど、東寮全体でお店を盛り上げていました。
今年の五月祭も寮生にとって良い思い出になったと思います。
来年も五月祭に参加し今年以上に盛り上げたいものです。そして、東京大学の学生や来場したお客様に和敬塾をアピールできたらなによりです。


それでは、次回の更新もお楽しみください!

文責 関谷崇徳

2015年5月17日日曜日

フレッシュマン劇

こんにちは。広報部2年の中村昌太郎です。
最近、ヘアコンテストモデルをさせてもらったのですがその時に髪の毛を7色ぐらいに染めて「アマゾン川に飛んでいる絶滅危惧種の鳥だ」と笑われています・・・
そんな髪でも学校にはしっかり行きました!!!
かなりメンタルは強くなりました(笑)


そんなことはさておき
今回はフレッシュマン劇について書いていきます!!
その名の通り、1年生が劇を1から考えて作り上げます。

1年生は始まったばかりの大学生活や和敬塾での生活で忙しい中、全員で時間を合わせながら一生懸命練習に取り組んでいました。
2,3,4年生はこの劇を心から楽しみにしていました。みんな1年生が大好きなんです(笑)

そしてついに開演です。(5月15日21時@大講堂)





劇の内容は、隣接する高校の演劇部同士の喧嘩を演劇のうまさで決するというものでした。
桃太郎をベースにした、ユーモア溢れる内容で練習の成果が存分に発揮された素晴らしい仕上がりでした。
ナレーション付きで分かりやすく、気持ちのいいテンポでギャグを挟みつつ、全員がそれぞれの個性を出せており、面白かったです。
出来るのであれば最初から最後までビデオで見てもらいたいくらいです(笑)




まさかこれが初めて学年で協力して作り上げたとは思えませんでした。
頼もしいです!!
1年生は練習などでとても忙しかったと思います。
お疲れ様でした!!!!!

僕たちも去年すごく忙しい中で、朝早くから練習したり夜に近くの公園で練習したことを思い出しました。
その時はとても体力的にもきつく、劇の内容で同輩同士で揉めたりもしていました。
しかし、フレッシュマン劇のおかげで学年間での仲が深まったのは間違いありません!
1年生も必ずそう感じていると思います。

これからも学年で協力していくことは必要になってきます。
4年間一緒に過ごす仲間としていい関係を築いていってもらいたいです!!!!!!!!!




次の更新もお楽しみに!!!!!!

文責 中村 昌太郎


2015年5月13日水曜日

一年生 インタビュー!!!

後期に引き続き、広報部を務めさせていただきます3年の大谷です
今期もよろしくお願いいたします。
さあ、東寮は“新歓期”が終わり、“日常”に入って早くも2週間が経ちました。
そこで今回は、1年生の直江郁和君、松井一孝君にインタビューしてきました!


1人目は僕の所属する8班の後輩、直江君です。
大谷: よろしくー、そもそも直江はどうして和敬に入ったの?
直江: 本当は一人暮らしをするつもりだったのですが、親に無理やり入れられて….
大谷: そうなのね() どうして東寮に?
直江: それも….正直、適当です()
面接の時に、希望の寮を聞かれて、各寮のことを全く知らず、
「どこでもいいです」と答えたら、東寮に決まりました。
 最初は正直ミスったと思いました() 新歓期は大変だったので….
大谷: そうだったのか、どうして乗り越えられた
直江: “お部屋廻り”で先輩方とお話をすると、「何かあったら相談しに来いよ!」と言ってくださり、親身になっていただいたので、頑張れました。
大谷:  新歓期で一番印象に残った行事とかある?
直江: “委員会ガイダンス”です。委員会の方とお話をする中で、自分の本音を引き出していただいて、それまで知らなかった“自分を知ることが出来ました。
これは和敬塾でしか出来ない経験だなと思いました。
大谷: 貴重な経験だね!
 
    東寮の雰囲気はどう感じる?



直江: 東寮は本当に仲が良いと思います。他の寮よりも関係が濃く感じます。
大谷: 確かに関係の濃さが東寮の強みだからね! 
そんな東寮でこれからの和敬生活、どんなことしたい?
直江: 上級生の方とたくさん絡みたいです!
特に4年生の方とは、あと1年しか一緒にいれないのでもっと絡んでいきたいです。




続いて、松井君へのインタビューです!

大谷: どうよ、和敬での生活は?
松井: 先輩方が夜遅くまで起きていて、すごく元気だなって感じます(笑)
大谷: あれは慣れだね() 班は楽しい?
松井: 毎朝、同班の先輩方と一緒に朝ご飯を食べに行っています!
大谷: いいね、一考は和敬のどんなところが好き?
松井: 僕は一人っ子だったので、家に帰ると誰かががいるというのがとても嬉しいです。
 寂しいことがないですね!
大谷: 確かに、暇な時には誰かを誘って、突発で遊びに行けたりするのはいいよね。
  よし、最後に来年の新入生に向けて一言!
松井: 一言ですか!? 同輩、先輩はみんなとてもいい人です。
それに東寮には色々な趣味、価値観を持った人がたくさんいて、やりたいことが
何でもできる環境だと思います!





以上、インタビューでした!今月はいろいろな行事があります。
東寮ブログもどんどん更新していきますので、次回更新をお楽しみに!



文責 大谷 和史