2013年10月23日水曜日

ついに体育祭もフィナーレ!~騎馬戦激闘録~


みなさんこんにちは!体育祭シメを飾らせていただくのは、後期広報部期待の新人1年の野澤文哉です。東寮の様子が手に取るようにわかる、そんな記事を目指していきますのでよろしくお願いします。


それでは、お待たせしました!本祭・騎馬戦についてお伝えしていきたいと思います。

その前に、騎馬戦のルールを簡単に説明します。各寮は4人で1つの騎馬をつくり、お互いに15騎馬を出します。騎馬は上に乗っている騎手が落ちるとその騎馬は負けになります。最終的には相手の大将を先に落とした寮が勝ちとなります。

われら東寮の騎馬戦における目標はもちろん「4戦全勝」です。私たちは大将の木村さんを中心に全員でこの目標に向かい、数多くのハードな練習をこなしていきました。


これまでの多くの競技で圧倒的強さを見せてきた東寮ですが、騎馬戦でも各寮を圧倒していました。攻撃大将の米澤さんを中心に、騎馬同士が見事な連携をとり、相手を1騎馬ずつ着実に減らしていきました。また攻撃だけでなく守りの面でも、もちろん抜かりはありませんでした。大将のいる本陣を狙われるという危ない場面もありましたが、大将の木村さんの周りには堅い壁が形成されており、大将に触れることすら許しませんでした。こうして東寮は乾寮戦、南寮戦、西寮戦と順調に3勝を獲得しました。



そして残すは北寮戦です。北寮は守りも硬く、攻めてもなかなか崩せません。お互い進退を繰り返し、試合は1時間を超える接戦になりました。最後に時機をみて東寮が相手本陣に向けて一斉に勝負を仕掛けました。その勢いは相手の大将までも届くものでしたが、一歩及ばず、勝利を勝ち取ることはできませんでした。

最終結果は31敗。惜しくも4戦全勝を果たすことはできませんでした。

とはいえ、今年の体育祭において東寮の強さはズバ抜けていました。ご存知の通り、最終結果は2位と大差をつけて堂々の総合優勝です。総合優勝は東寮にとって5年ぶりの快挙です!


来年こそは騎馬戦4戦全勝、そして総合優勝、この2つを東寮が成し遂げます。すでに私たちの心はこの目標に向かっていっています。みなさん!来年もさらに強くなった東寮を楽しみにしていてください!!

文責:野澤文哉

2013年10月16日水曜日

プレ本祭’13

皆さん、こんにちは!!お久しぶりの相ヶ瀬です。
また広報部に舞い戻って参りました!今期もどうぞよろしくお願い致しますね!

今回お伝え致しますのはプレ本祭であります。楽しみですね!!!
まずは、プレ本祭というのは騎馬戦の一週間前に控えている競技であります。
詳しく申しますと、障害走リレー、碁石リレー、綱引きの3種目ですね!!

早速、障害走リレー!!

キャプテン益田さんを筆頭にした、東寮の頭脳が集まりました。このメンバーはまさに無敵。
スタートと同時に、網をくぐりバット回しをし、計算問題を一瞬にして解きます。
あっけにとられてる内に東寮は、見事に1位!!!
今年は豊富な人材も揃い、練習の成果もあったため去年の悔しさを晴らしてくれました。




碁石リレーです。

え?碁石リレーって何とお思いでしょうが、この種目はお椀からお椀にお箸を使って碁石を移動させるという、非常に繊細で高度な競技なのです。よって集まったメンバーは皆、精密機械のような人材ばかりです。
その結果は...4位でした!!!
いざ本番となると、緊張と焦りで碁石が暴れまくるんです。。。結果は残念でしたが、改善点も見つかり来年につなげたいと思います。







次は綱引きです。

我々東寮が掲げるコンセプト「先手必勝」に基づいて日々の練習には力を入れてきました。

気になる結果ですが、2位でした!!あと一歩のところでした。しかし、今年は斬新なアイデアを出す1年生もおり、1年生から4年生までが一致団結して、綱を引くことが出来ました。来年こそはこのくやしさをバネに確実に優勝を狙っていきましょう。




次の更新はいよいよ本祭です!是非、お楽しみに!!!


文責:相ヶ瀬大地

2013年10月11日金曜日

精一杯!後悔はない「卓球、柔道、水泳」

東寮のみなさん、こんにちは!
広報部の国際化を目指している東寮の国際的アイドルのシフンです。
そうです。後期広報部で務めさせていただくようになりました。
時々、私の日本語が分からないっていう人もいますが、その人は自分の華麗な言語術に追いつけられないだけだと思います。

熱い体育祭ももう終わってしまいましたね。
総合優勝という結果は間違いなく東寮の一致団結、つながりの強さの現れです
それでは、今回私がのせるようになった三つの種目について振り返ってみましょう!

まずは卓球です!!
卓球ってものすごく高いレベルの集中力を求める競技なので、観客の私も知らないうちに試合に応援するのは忘れて集中していました。今年は1年生に山田という新しい卓球ボーイが入ってきて優勝を狙えるメンバーであったと思いました。相ケ瀬さんの奮闘も輝きましたが、結果は残念ながら4位でした。


次は、柔道です!!
柔道は他の競技とは違く、外部からの審判がいらっしゃって真剣な雰囲気の中で試合は行われました。私にしては個人的に日本の文化を見れる場であったので盛り上がってましたが、みなさんはどうでした?一本を取った時のことを思い出したらなんかテンション上がりますね!!去年の動画を見たら骨が折れたものをみてちょっと怖いと思いましたが、男の真剣勝負は格好いいでした!!
ラインアップには経験者の峰松さんと山本さんがいましたし、体格のいい2年生の方や1年生もいて絶対強いと思いました!その結果!疑いなく東寮は2位です!!!!


最後は水泳です!!
水泳は私もレギュラーになって本当に勝ちたいと思いました。結果は3位です。
練習も沢山してレギュラーの記録もやや速い方だったと思います。北寮の水泳選手が速すぎたこともありましたが、来年はもっともっと練習にがんばってドルフィンキックで優勝を狙いましょう!!!!!


文責:シフン

2013年10月4日金曜日

東寮の青春ー球技編ー

みなさん、こんにちは。すっかり日が落ちるのも早くなり秋の様相ですね。
季節の変わり目で体調を崩しやすいものですから、手洗い・うがいをして、しっかり予防しましょう!

さて、体育祭第四弾は、人気競技目白押し球技編です!!
サッカー(ホイッスル)、バレー(健太やります!)、バスケ(SLAM DUNK)に野球(ダイヤのA)と、どの競技もルール位はみなさんご存じでないでしょうか??
※()内は各競技の代表漫画ですので、知らないというものがあればぜひ読んでみてください。異論は認めます。

では、まずはサッカーです!!
今年は野尻、植松、高橋と強力な新戦力が手に入り、間違いなく他寮を圧倒する戦力でした!!試合で東寮は卓越したボール運びと技術で、和敬サッカーに似つかわしくない(笑)ハイレベルなサッカーを展開しました!!しかし、一試合目で南寮に惜敗、三位決定戦で再び南寮と対戦し雪辱を果たすも三位と悔しい結果となりました。

続いてバレーです!!
多くの一年生は「体育のバレーに毛が生えた程度だ」と思っていたらしいですが、違います!レシーブ、トス、アタックの三段攻撃ができなければ勝てません…!!キャプテンの宮澤さんの多くの練習に汗を流し試合に臨みましたが、結果は4位!しかし、東寮のチームワークの良さが見えたいい試合でした。

さて、次はバスケです
バスケはレギュラー5人中3人が一年生という若いチームで今年は臨みました!!赤木のようなタッパのある経験者を欠きながらも健闘し準優勝!!決勝戦ではフリースローを苦度となく外してしまいましたのでレギュラーは全員2万本ショートの刑です。

最後に、野球です!!
野球は東寮二連覇をかけた戦いでした!!活気ある応援…真剣な選手の表情…正規審判…あとはチアがいれば甲子園に勝るとも劣りません!!応援からは各選手ごとのコールが響き、ときにはバッターボックスの選手がコールの歌を歌ったりと毎年盛り上がりのある競技です。
一回戦では去年決勝を戦った南寮を下しましたが、決勝では北寮に敗れ結果は惜しくも準優勝でした!


本祭までいよいよ残り3日になりました。
本祭を残して現在東寮は1位です!!
本祭ではもちろん全勝。ぶっちぎりで優勝しましょう!!

文責:實藤

2013年10月3日木曜日

感動!圧勝!のリレー・五人六脚

こんにちは。
後期広報部員を務めさせていただくことになりました、1年の関口大輔です。
このブログを通して東寮の魅力を伝えていきたいと思います!
これから半年間よろしくお願いします!

体育祭もいよいよ終盤です。残る競技もあとわずか。
皆さん最後の最後まで気合い入れていきましょう!!

ということで過去の競技を振り返ってみようと思います。
今回は、リレーと五人六脚です。

リレーは南さん率いる過去に類を見ない豪華メンバー(一部を除く)で臨みました!!!
スタートのピストルが鳴ると我が広報部長實藤さんの全力疾走で東寮は勢いに乗り、それから先は特に大きなハプニングもなく(笑)東寮は断トツで優勝しました!!



田邊がゴールした瞬間、僕はめちゃくちゃ感動しました!あれっ?眼から海洋深層水が…



次は五人六脚です。
五人六脚は個人的にとても思い出深い競技となりました。
僕のチームは、五人の脚がなかなか揃わず大変苦労しました。
空き時間にみんなで集まりトータルで6時間を超える練習をしました!
その結果ギリギリでレギュラーを獲得することができました!

東寮の他のチームもとてもタイムが速く、万全の状態で本番に臨みました!!

が、残念ながら結果は4位でした。
世の中思うようにはいかないものですね(笑)

五六キャプテンの佐々木一真さんは、バトンパスのやり方を工夫してくださったり、深夜までタイムを計測してくださいました!それなのに期待に応えられなくて悔しいです!!

ここから本祭まで一気に突っ走りましょう!!


文責:関口大輔