2013年7月28日日曜日

士道、尽きること無く…

レディィィスアァァァンドジェントルメェェェェン!おとっつあん&おかっつあん!
はい、もうネタが懐かしすぎて年を疑われるのではないかと思う今日この頃ではありますが、そもそも今の若い方はこのネタ分かるんでしょうか?
広報部二年の関根です!

最近はモスキートゥ(蚊)との戦いに明け暮れておりますが、皆さんはどうですか?
僕なんて数えたら一日で四十カ所刺された日もありましたよ!みなさん、外に出るときはくれぐれも虫除けとムヒは忘れないことです!お兄さんとの約束だ!

まあ前置きは置いといて、今日はこの人に来ていただきました!

一年生の梁川君です!
と、言う訳で東寮のラストサムライこと梁川君に、色々聞いちゃいますよ!

Q、最近はまっていることは?
A、剣道です!
__ですよねー…サムライ言ってるのに別のだったら面白い(笑)

Q、剣道始めたきっかけって?
A、中学校一年生のときに、一番長く続けられる部活をやりたいと思ったんですよ。僕は球技が苦手で、そうすると長く続けようとするとそれなりに考えなくちゃいけなかったんですよね。そこで剣道部に入ることにしました。それに、剣道はとても辛いと聞いていたので、自分の精神修行に役立つかなって(笑)
__なるほど、ストイックだねえ

Q、剣道の楽しみとは?
A、相手に立ち向かうときの緊張感、ですかね。それから、仲間と一緒に辛い練習を乗り越えたときの達成感が好きです!あとは、試合に勝つこと。すごい気持ちいいですよ!
__判定が厳しい剣道においては、技が決まったときの爽快感が半端なく気持ちいいからねー

Q、剣道を通して考える武士道とは?
A、武道を志す物として、武士として、いかにあるべきかを考えています!例えば、細かいところで履物を揃えたり掃除をしたり…そういう細かいところまでも恥ずかしくないように振る舞うのが一番だと考えています。これが、僕の武士道です!
__ストイックに自分の求める物を探求していく、まさにサムライ!士道とは、かくあるべきか!

梁川君、お疲れさまでしたー!

いかがでしたでしょうか。彼の武士道は、僕たちも見習っていかなくてはいけないものではないでしょうか。まさに、現代に蘇ったサムライですね!

それでは、今回はここまで!次回をお楽しみにー!

文責 関根隆充

2013年7月15日月曜日

東寮サバイバル日誌

皆さん、こんにちは!!
広報部3年の山本ですね、はい。。。

いや~、暑くなりましたね!!笑
もう、真夏っていってもいいんじゃないですか?
気がつくと、蝉ないてますしね・・・・

なんか、もう、これ、汗、ダランダランです!!笑



さてさて、今回ご紹介させていただくのは・・・・・

「東寮生の可憐な休日の過ごし方」です!

一声かければ人が集まるこの環境下では、「休日に遊ぼう!」と大声で叫ぶだけでBB弾を撃ち合う戦争ごっこができたりします!!
あ、そうです。 サバゲーやりました!!!笑



今回のフィールドは、埼玉県川越市にあるデザートストーム川越です。
知る人ぞ知る、名フィールドですね!笑




東寮生は、全員で16人の参加、それにOBの方々お2人も加わり総勢18人でのサバイバルゲームとなりました! 予約の関係で夜しかできなかったため、「夜戦」という形になったのはここだけの秘密です!!

それは、まぁ、楽しかったです!!!!!!!!!!!
やっぱり、人の素が見れるのは、生死をさまようときなのでした。

特攻する人、匍匐前進する人、もじもじする人、ただただやられる人、静かに時を待つ人、撃つ人、撃たれる人、、、新たな一面を見れて、よかったんです!笑

人数がいると楽しさ倍ですな!!
またやりたいので、やります!!!





文責 山本玄人


2013年7月13日土曜日

皆さんパーティーですよ! 

皆さんこんにちは。広報部2年の藤田 公瑛です。

最近はテストも近いということで自分のなかですごく焦っています。でもテストが終われば学生の楽しみである約1か月という夏休み始まります!!僕は夏休みに大阪にインターンシップに行ってきます。楽しみで仕方がありません。もちろん初めてなのでガイドブックも買いました。

さてさて今回は大学生ならではの行事を紹介したいと思います。皆さん夏と聞いたらどんなことを連想しますか?

夏といえば、海、プール、アイス、旅行、フェス、花火、ライブなど様々あります。

ではでは正解を発表したいと思いますーーーーーーーーーーー正解はクラブイベントです。

未成年は入れないというイメージが強いかもしれませんが学生団体が企画している某クラブイベントに潜入してきました。

なんとそのイベントには東寮のパーティーピーポーのーーーーーーーーーーーーーKEISHIがなんとDJで出演しています。

 
 
始まる前はこんな感じです。
 
 
DJが出来るなんて音楽が苦手な僕にはうらやましい限りです。和敬のイベントや学生団体、クラブイベントなど幅広いところで活躍されていますよ。今回のイベントは噂によると1,000人以上来ていたらしいですよ。そんなところでDJが出来るなんて夢のような話ですよね。
 
  
もう始まって5分もしたらこんな感じになりますよ。
 
ここまでテンションを挙げられるのはすごいと思います。皆さん、この写真を見ていただければ楽しさは間違いなく伝わってくるのではないかなと思います。もう僕たち観客のテンションもぶち上げですよ。もうなんて言葉にしたらいいか分かりません。日々のストレスもあっという間に吹っ飛んでしまいますよ。もう僕にとってはテストを乗り切るエネルギーになったのではないかなと思います。次のクラブイベントがすごく楽しみです。いつあるのか今からわくわくしています!!
 
          
 
 
このようにどんどん面白い記事を掲載していくので次回の更新を楽しみにしていてください!
 
文責 藤田 公瑛

2013年7月12日金曜日

日華交流会!!!

こんにちは!どうも、真崎です!

先日、和敬塾に台湾から16人の学生が訪れました。日本を学びに数日間の研修に来ているようでしたが、その一環として和敬に来ました。

歓迎式典が行われ、その後、茶道体験として僕がお点前を披露させていただきました。僕のお点前を見たり、飯頭の森東さんの説明を聞いてるのが、すごい熱心で、質問なんかも出ていました。みんな真剣に参加されていて、すごい緊張してしまいましたよ。。。

何人かは以前に抹茶を飲んだことがあったらしく、ちょっと驚きでした。

そして、懇親会です。美味しい料理を食べながら、会話を楽しみました。研修団の人たちはノリがよく、日本語を流暢に話していて、すぐに打ち解ける事ができました。
東寮からは1年生の太田君や留学生のシフン君も参加しましたが、持ち前の元気の良さを活かして、一芸を披露したりと、とっても盛り上がりました。

翌朝には出発してしまいましたが、楽しく思い出に残る一夜を過ごすことができました。

文責 真崎

2013年7月5日金曜日

携帯電話と人狼

こんにちは。
コンタクトレンズを買ったにもかかわらず、眼鏡男子のままの高田隼也です。

先日、僕の住む六班でゲームを二つ行いました。
そのゲームとは予測変換ゲームと人狼ゲームです。

《高度情報化社会の現代、人々は毎日携帯電話・スマートフォンでメールを打ったり検索をしたりしています。そこで私はある時、思いました。予測変換はその人を表していると。》
予測変換ゲームとは、一人が平仮名の書かれた紙を引き、その紙に書かれた字を入力して、予測変換に表われる言葉を他の人が当てるというゲームです。

果たしてどの平仮名が出てくるのか?
四年生の岡本さんが「あ」を入力したときに出てきた言葉がなんと「亜細亜」!!岡本さんご自身も当たる訳がないと仰っていましたが、的確な質問によってなんと正解者が出ました!!
入力した覚えのない言葉が出てきたり、当たる訳がない言葉が出てきたりと波乱も起きましたが、自分の予測した言葉が当たったときは大興奮でした。


《人は誰しも心の中に秘密を抱えている。時にはそれが怪物であることも・・・》
人狼ゲームとは人狼の役割になった人を見つけ出すゲームです。ルールは説明すると長くなるため、ここでは割愛させていただきます。
このゲームは参加者の言動、ゲームの流れを元に人狼を見つけ出します。論理戦・心理戦を展開し、その人の隠れた一面が現れることも多々ありました。
ゲーム中は常に緊張が流れて大変白熱しました。

誰が人狼か?皆さんの表情から何か読み取れるかもしれません。
人狼をあと一歩で探し出せると思いきや意見が割れて、人狼の勝利になったこともありました。
片や岡本さんの論舌が冴え渡る場面もありました。
さらには江崎・植松の人狼コンビが快進撃で勝利を掴むこともありました。
名場面が数多く生まれた人狼ゲームでありました。

ゲーム終了後には「今度は大学のサークルなど他の人ともやってみよう」といった声が出るなど、人狼の楽しさが伝わったようです。


これからも面白いゲームを見つけたり、思いついたときはどんどん企画していこうと思います。
もちろん東寮ではゲームの他にも様々なことを企画して寮生と楽しんで行っていますよ。

文責 高田隼也