2011年10月27日木曜日

体育祭の結果報告+ツナヒキ!

こんにちは、微分されてモニターに入ることを切実に願う1年・早坂樹です。体育祭が終わってからあっという間に1ヶ月が過ぎようとしています。東寮生もいつもの日常の生活に戻り、あのみんな一丸となって戦った思い出のあふれる一ヶ月がまるで夢のようでした。いま振り返りますと、念願の優勝は果たせなかったものの、東寮の「戦士」たちは全力で戦い、数々の輝かしい戦果を残しました。

体育祭各競技において東寮の順位は以下の通りです。
前祭競技:
マラソン3
ドッヂボール2
サッカー1
バスケットボール1
水泳3
リレー2
五人六脚3
バレー1
野球3
柔道3

プレ本祭競技:
障害走リレー1
腕相撲2
碁石リレー1
相撲3

本祭競技:
綱引き2
騎馬戦3

最終順位:
2

その中で、体育祭のクライマックスでとも言える本祭競技―綱引きと騎馬戦のキャプテンをインタービューさせて頂きました。まずは綱引きからご紹介します。
(綱引きキャプテン:柳瀬大紀さん・4年、吉村拓己さん・4年)
―――――――――――――――――――――――――――――――
早坂:綱引きのキャプテンをやるきっかけは何ですか?
柳瀬さん:リアルな話、俺体重なくて、綱引けないから。あと盛り上げも重要だと思うので、盛り上げって言ったら「俺じゃね?」ってなるじゃん。
吉村さん:俺はまあ…ラッパ吹きたがったから。(笑)

早坂:お二人にとって、綱引きはどういう競技ですか?
柳瀬さん:騎馬戦とは変わらないガチな競技だと思うけど、楽しみつつ勝つ姿勢が重要だ。綱引きは冷静と情熱の間にある競技で、いつも冷静でいるべきなんだけど、ちゃんと試合に勝つ情熱と楽しむ情熱はちゃんと持つことだ。
吉村さん:綱引きは一人で強くても勝てなくて、東寮生全員のベクトルをあわせて勝つ競技だと思う。綱を一つの方向に引くという目標に対して、引いてる人も、声を出してる人も、全員の心をひとつにすることだな。

早坂:ほかのチーム戦の競技において東寮はすばらしいチームワークと団結力を見せ、優勝をもぎ取りました。綱引きは一回戦勝利したものの、惜しくも決勝で負けましたが、つまり敗因は何だとお考えですか?
柳瀬さん:正直に言うと、負けってだけだよ。向こうの体重が重かったかもしれないし、向こうの気持ちが強かったかもしれないし、俺たちはベストを尽くして負けたってだけで、そんなことはもう考えてない。
吉村さん:全力でやって、負けて、それだけ。負けた以上敗因はきっとあるけど、そこは後輩たちが考えてくださいってね。

早坂:綱引きのソングはどなたの発案ですか?どうしてあれを作ろうと考えたんですか?
柳瀬さん:そこはまぁ…ちゃんと二人で考えたよ(笑)。どうしてっていうと試合を盛り上げたいじゃん。
柳瀬さん&吉村さん:だって「ライチャ」じゃん?
早坂:綱引きに関して最後の一言をお願いします。
柳瀬さん:そうだね…やっぱ綱引きは体重です。(キリッ)
吉村さん:綱引きはお祭りだよ、わっしょい!(笑)
――――――――――――――――――――――――――――――
お二人からたくさんの面白いコメントを頂き、ありがとうございました(笑)。次回はいよいよ最後の競技である騎馬戦のインタービューです!ぜひご期待ください。

文責:早坂

2011年10月13日木曜日

東寮スイマーズ~飛び魚が如く~

みなさん、こんにちは♪
『鳥取の飛び魚』の異名を持つ、東寮水泳キャプテンの倉繁です。



体育祭5種目目の水泳の報告をしたいと思います。
                                                              
ドッチボール2位、サッカー1位、バスケ1位と好成績が連発していたので、水泳も1位を狙ってやる、そんな意気込みで東寮スイマーズは会場入りしました。
ところがどっこい、僕のサンダルの鼻緒が切れるという笑うに笑えないハプニングが‥‥‥



うん!気を取り直して行こう!!ってか、今なんかあった??

試合はというと、3位!!!

1位、2位の南寮と北寮は圧倒的で7秒以上もの差がありました。悔しかったですが、体育祭の水泳競技って練習から楽しい!来年もエントリーしよう!と思ってくれた後輩を生みだすことが出来たのでキャプテンとしては満足です。




P.S. この中にフライングをしちゃったお友達がいます♪誰かな~誰かな~??
新井川()→吉村()→宮本()→行者()→森東()→氏田()→神近()→硯田()→斎藤()→柳瀬()→松下()→山本()→倉繁()


2011年10月8日土曜日

バスケッボーウ!

こんにちは!
バスケットボールキャプテンの東寮4年の渡辺健太です!



最後の体育祭、どうしてもNHK(なんとしても、本気で、勝ちたかった)だったので、最高に嬉しいです!
どの試合も盛り上がり、その場にいらっしゃらなかった方向けに、この興奮を短歌でお伝えします。
『西寮戦、出だしの勢い、どこへやら、我慢我慢で、雪辱晴らす』
3年間1回戦で負け続けている西寮戦。相手のメンバーはほとんどが経験者だった。
特に相手のエース紙尾くん(この日は朝までアルバイトしてからの試合だったようだ)をいかにして抑えるかが一番のポイント。そこで東寮で最も動けるデブと称される、瀬戸を彼にぶちこんだ。これが功を奏し、出だし3分で8点差のリード。
しかし、じわじわと点差が縮まっていく…。それは東寮の不安要素、最も運動量を必要とするガードのセックが、デブかつ体力が皆無という事実。
セック『わたけんしゃぁん…僕、マジで無理っす…交代しゃせてくださぁい』



その後は東寮の優秀なセンター陣である、倉繁、わたしん、小西、パクが安定したプレイを見せ後半へ。

後半はただただ…我慢、我慢…我慢!!!!!
取られたら、取り返す。
『絶対に負けない』という思いで残り時間を戦い、
最後は5点差で勝利。

バスケットボール経験者とそうでない人たちをいかにして融和させるか…今年は練習もこだわり、東バスケットボールの礎を築くことが出来た…はず(笑)
完全なる下剋上を果たした。



そして、南寮との決勝戦。
『がむしゃらに、闘志むき出し、攻め立てる、歴史に刻む、東の強さ』
試合内容を一言で言えば、「白熱」。
優勝したいという気持ちが上回ったのが勝因だったと思います!
試合内容はともかく、東寮全体をバスケットを通して盛り上げられたのが最高でした。
5人しかバスケットは出られない…だからこそまわりの東寮生の応援が必要だった…。
東寮生が見守るなか、手に汗握る試合が出来たことに感謝!
結果的に3点差の勝利だったが、その差以上に東の団結力は南を圧倒出来たと思う。

…なんだかんだ真面目に書いたけど、やっぱりキャプテンの僕のおかげかな♪(笑)
来年もバスケ優勝してくれいっっ!!!!






文責:渡辺

サッカー!

こんにちは、サッカーキャプテンの鈴木です。




さて、サッカーにおいて東寮は今まで一度も優勝したこがありませんでした(たぶん)。
優勝するには何をすればいいか。それは、やはり「練習」です。当たり前のことなのですが、それが一番重要で欠かせないことです。いかに積み重ねることができるか。




しかし、それはまた非常に難しいことなのです。
難しいことなので今年はできませんでした。しかし、優勝という誰にも文句を言われない結果になったおかげで救われました!
東寮全員のおかげで優勝できました!



ありがとうございます。

駄文失礼しました。

文責:鈴木



※大幅に更新が遅れてしまいました。更新を楽しみにしてくださっていたみなさん、大変申し訳ござ  いません。
体育祭の結果報告はこれからどしどし行っていきます!よろしくお願いします!

文責:佐々木